RSS | ATOM | SEARCH
お盆休み四日目・川崎でヘイト街宣にカウンター行動

8月14日(火)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に寝具干し。 新聞三紙を読んで、高校野球。 静岡・常葉大菊川対宮崎・日南学園。 常葉大菊川の勝利。 いい試合。 

 

冷凍していた酵母パンを焼いて自家製ブルーベリージャムを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 「半分、青い。」、昼の部。 子役がうまい。

 

高校野球、秋田・金足農対岐阜・大垣日大戦。 13奪三振で、金足農校が勝利。 金足農校のピッチャーは、今大会屈指の好投手。

 

4時に川崎駅東口で行われる、レイシスト政党・日本第一党のヘイト街宣粉砕のカウンターに行く。 3時半に川崎駅に着いたら、すでにカウンターの抗議行動全開。 党首のヘイト豚・桜井をはじめ主だったレイシストが集合。 その数30数人だが、カウンターは、千数百人近く結集して、徹底的にこきおろし、街宣を破壊!  

 

5時過ぎに、警察に見守られて狃乎腸執“するヘイト豚たちに罵声を浴びせて、大阪から来たカウンターのメンバーたちと、川崎・桜本の韓国料理店でお疲れさん会。 

 

生ビール、マッコリ、真露の水割りを飲みながら、秀逸のほんまもんの韓国料理フルコースを堪能して、無茶苦茶楽しい時を過ごす。 10時過ぎお開きにしてバスで川崎駅。 皆と別れを惜しみ、南武線に乗り駅。 タクシーワンメーターで、11時半に帰宅。

 

「半分、青い。」、夜の部。 柚子入り焼酎の水割りを一杯飲みながら、家人に闘いの報告をして、2時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 10:53
-, -, - -