RSS | ATOM | SEARCH
『新潮45』への社会的批判高まる

9月19日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、天高く馬肥ゆる晴天下、来たバスに飛び乗り、駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時に神保町。 

 

ぽつぽつと新刊『被差別部落の真実』の注文。 大阪の大手書店からは、読者からの要請もあり、新刊配本を待っていられないので、委託ではなく注文で送ってほしいとの電話。 明日取り次ぎ書店各社の新刊配布部数が決まるが、それにしても、7日に見本出しをして、搬入日が25日は異常!

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 『新潮45』が10月号で、杉田水脈の“LGBT”差別記事を全面擁護し居直った小特集を組んでいる。 LGBTの団体を中心に、ヘイトスピ―と闘う反差別のカウンターのメンバーなどが、25日(火)に新潮社に抗議行動を行うという。

 

研修のレジュメ作成に時間を費やす。 とくにLGBT、性的マイノリティーの差別問題についてしっかり話をしてほしいとの要望もあり、杉田水脈の差別記事(ヘイトスピーチ)について時間を割いて研修する予定。 

 

保存していた、A4三枚分の原稿が、一時パソコン画面から期消え肝を冷やす。 30分かけ何とか見つけ出し事なきを得たが、やはりパソコン直接入力は精神安定上良くない。

 

6時半に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 2割引きのマグロの中トロ切り身落しと豚ロースに野菜を添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯+きつね寿司一個で夕食。 

 

10時過ぎに、大手マスコミの友から、『新潮45』に「反吐が出る」との携帯メール。 友は新潮社から単行本を出したことを悔いていたが、新潮社にも良識人はいると、返信。 

 

テレ朝、報道ステーション。 自民党総裁選最終日。 ネトウヨの聖地・秋葉原で安倍総裁が最後の演説。 麻生と並ぶ姿に、自民党の末期が見える。

 

BSプレミアムで、「半分、青い。」、夜の部。 40過ぎの幼友達、鈴愛と律の、青ならぬ倏鬚し亳“。 民放の、スポーツニュースを見ながらチェアーマッサージを受け、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:19
-, -, - -