RSS | ATOM | SEARCH
寒い一日

9月27日(木)

 

朝、9時半起床。 寒くて目が覚める。 有機人参ジュース一杯。 曇天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時過ぎに、小雨降る神保町。

 

娘の応援を得て、支払と精算業務など、月末の会計処理。 「半分、青い。」、昼の部。 あと二回で終わるが、今一つ実感がわかない。 竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ二紙は、セリーグ三連覇を決めた、広島カープの記事で紙面が埋め尽くされている。 朝日は、「社説」「文芸欄」そして第二社会面で、『新潮45』休刊(廃刊)について「臭いものにふた」として厳しい批判。

 

弓立社の小俣社長が来られ、神保町の新事務所の体制がほぼできたとのことで、経理などの引継ぎの打ち合わせ。 今日届いた、『週刊文春』と『週刊新潮』+溜まっていたコミック誌を読む。 暖房は付けなかったが、寒い一日。 

 

6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 5割引きの刺身の盛り合わせ、鯛の切れ身+トンカツと牡蠣フライに千切りキャベツを添えて、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

台風が来ており、週末の天気は不安定で、また重馬場かと思う。 明日は晴天で、今日より気温が9度高い26度だという。 テレ朝報道ステーション〜「半分、青い。」、夜の部。

 

NHK・Eテレで「バリバラ」、“世界のマイノリティ”の再放送を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:25
-, -, - -