RSS | ATOM | SEARCH
引越二日前

10月2日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュース一杯。 シャワーを浴びて晴天下、バスで駅。 区間急行で、10時半に神保町。

 

定期購入している通販会社などに、住所変更の連絡。 スムーズに終わる。 朝日新聞が、廃刊した『新潮45』について、“耕論”で取り上げているが、読むに値しない。 

 

早め12時に、冷やしたぬきうどんとおにぎり一個で、昼食。 「まんぷく」、昼の部。 初回の視聴率が23・8%で、上々の滑り出し。 有働由美子がMCを務める、日テレの報道番組、“ZERO“も10%を超えたという。 

 

1時過ぎに、一人で出版社を立ち上げて頑張っている、尾崎ゼミ生のIさんが来られ、書籍広告と媒体、そしてその効果について聞きたいと、相談に訪れる。 いろいろ話をして、広告代理店を1社紹介する。 対費用効果を考えると、書籍広告は告知が主で、即売り上げには直結しない。

 

有り難い直注文小箱一つ梱包し、発送。 半年ぶりに、神保町の中国整体“萬寿堂”。 ここのところの自力引っ越し作業で、身体が固くなり動悸の自覚症状もあり整体をしてもらう。 足の裏とふくらはぎの30分は、涙がこぼれ苦痛に顔がゆがむ辛さ。

 

ツイッターとフェイスブック上で、安倍改造内閣を、「ヘイト内閣」と命名していたが、本質を衝いている。 早晩失言・暴言などで、ぼろが出る大臣必至。 野党は、「在庫一掃」ではなく、「閉店セール内閣」と揶揄。

 

5時に、今月の研修のレジュメとパワポの原案を作り、担当者に送信。 相手はプロなのでいつも最高に仕上げてくれる。

 

6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。 その足で、残りの靴と生活必需備品などを持って、引っ越し先。 寝室に壁掛けを設置し、物干しざおを通し、臨時の洋服掛け。

 

8時半に戻り、事務所から持ってきた栓抜きで、“調布深大寺ビール”を空け喉を潤す。 焼き秋刀魚二匹と餃子+シーフードサラダで、レモン入り焼酎のお湯割りと水割り、各一杯の夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 疲れているのか、真贋見分け率60%で、招き猫もゲットできず。 テレ朝、報道ステーション。 後藤謙次は見ているだけで気分が悪い。

 

11時から、日テレZERO“。 ゲストコメンテーターの落合陽一筑波大学准教授。 サンダル履きで、いいたい放題で、ハチャメチャだが、面白い。 有働MCとタモリとの対談。 タモリが「テレビは見るものでなく出るもの」と語るが、同じことを言っても池上彰と違って嫌味を感じない。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 09:15
-, -, - -