RSS | ATOM | SEARCH
読売“ナベツネ”死亡説と日産・ゴーン会長逮捕

11月19日(月)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温16度の曇天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

週明けの事務作業して、メールなどのチェック。 産経新聞がウェブ版で、関東大震災時における、「朝鮮人虐殺事件の真相 何が群集をあおったのか」を載せているが、キチンとした史実と検証に基づいて書かれており、カウンター界隈のネット上で大きな話題になっている。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、今日はリンゴ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 昨日受け取った、ヘイトカウンターのメンバーの原稿を読み始める。 

 

日経新聞の畏友Iさんから、読売新聞の爛淵戰張“死亡説が流れているがどう思うかとの、SMS。 そういえば最近その動向がないねと、返信。 噂の発信源は菅野完氏とのことだが、真偽のほどは分からない。(その後、Iさんから、どうもガセかもしれないとのメール)

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、先週の反省。  KさんもWIN5を最終レースでハナ差外したとのことで、先週に引き続き、不運を慰め合う。(100万円馬券と思っていたら、30万円弱だったので、お互い救われた)貴重なデーターをコピーさせてもらう。

 

引き続き、原稿読み。 雨がぱらついてきたので、本日5時に打ち止めにし、事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井でシークヮーサーなどの買い物をして、気温14度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

金目鯛の刺身と鶏胸肉の唐揚で、ボージョレ―ヌーボーとシークヮーサー入り、鉄瓶焼酎のお湯割り1合の、夕食。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問地は、広島県三次市で、ゲストは俳優の常盤貴子さん。 営業で一回しか行ったことがないが、いい街。 しかし、今は過疎化が進みメイン商店街はシャッター通りと化している。

 

6時半に帰宅してから、NHKは日産のカルロス・ゴーンの脱税一色。 東京地検特捜部の取り調べ状況を、何度も速報テロップで流し異常な報道。 9時の、ニュースウォッチ9も、冒頭から横浜の日産本社前からの現場中継。 内部告発と言うことだが、報道姿勢になんか意図的なものを感じる。 

 

テレ朝、報道ステーション。 日産社長の、LIVE記者会見から始まって、延々と45分も、日産ゴーン会長逮捕の脱税問題。 異常! 

 

BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:21
-, -, - -