RSS | ATOM | SEARCH
『週刊新潮』と『週刊文春』

11月29日(木)

 

朝、10時起床。 よく寝た。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温14度の晴天下、歩いて駅。 三日連続駅まで歩いているが(結構早歩き)、腰のコリと痛みが和らぐ。 NHK、“ためしてガッテン”のおかげ。 

 

準特急〜区間急行で、12時に神保町。  一昨日頃から気になっていた、左側頭部の痛みが強くなっている。 間断的にヒクヒクする痛みが襲ってくる。 胃腸の調子も悪くないし、体調も良いが、不快。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、さつま揚げとリンゴ入り自家製野菜サラダで、昼食。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、増刷本の紙について的確なアドバイスを受ける。 少しだけ競馬、とくに一口馬主・サンデーRの裏話。

 

今日届いた『週刊新潮』を読む。 新刊『被差別部落の真実』が「10行本棚」で取り上げられている。 感謝! しかし驚いたのは、藤原正彦氏の“管見妄語”が最終回だということ。 いつも真っ先に読んでいただけに、残念。 

 

                                                     

 

 

『週刊文春』のグラビア牋杰美女図鑑“は、なんと中央競馬唯一の女性ジョッキーで、今年25勝している、藤田菜七子騎手。 どこの競馬場で騎乗しても単勝は常に異常人気。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、朝と同じ気温14度、バスに乗り、6時半に帰宅。 5割引きの刺身の盛り合わせと、思わず買ったお好み焼きで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割りで、夕食。 

 

お好み焼きは広島風のモダン焼き(ソバが上に載っている)。 ミニソースの袋に、爛ープソース“と書かれていたので、思わず爐修蠅磧爾い韻沺”とつぶやく。ここはジャイアンツの本拠地・東京なので おたふくソースか、お好みソースに名称を変えた方が良いと思う。 味は大満足の逸品。

 

NHKは7時のニュースも9時のニュースも、牾姐饋雄牾搬臻^“との呼称。 なぜ牾姐饋溶働者受け入れ法案”と言わないのか。 立憲民主党の、有田芳生議員の質問映像をそれなりに放送したことは、評価。

 

テレ朝、報道ステーション。 外国人労働者受け入れ法案の徹底検証 韓国との対比で、今の日本の技能実習生制度の実態を告発。なかなかの批判報道。 

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:18
-, -, - -