RSS | ATOM | SEARCH
世界人権宣言70周年

12月10日(月)

 

朝、8時半起床。 寒い! 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 気温6度の寒天下、厚手のジャンバーを羽織って、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。 事務所内の寒さが、半端ない。 

 

『客室乗務員本』、2020年度版の発行が本決まりし、年末年始が忙しくなりそう。 今日は国連で、「世界人権宣言」が採択されて、70年の記念日。 いうまでもなく世界人権宣言は、第一次、第二次世界大戦の痛烈な反省の上に立って、とくにヒットラー・ナチスのホロコーストを二度と起こさないという人類の固い決意が込められている。 人権問題の根幹には差別問題があることを、今一度世界人権宣言の精神に立ち返って再確認する日。

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダで+おにぎり一個で、昼食。 どこかで書評されたのか、新刊『被差別部落の真実』の注文が結構ある。 有り難い。

 

4時前に、報知新聞社のYさんが、年末の挨拶に見えられる。 ジャイアンツカレンダーに競馬カレンダー、そして、巨人のロゴ入りマフラーと、移動用バックなどをプレゼントされ、広島・丸の加入についての話など。

 

『客室乗務員本』の打ち合わせを行って、6時過ぎに事務所を退出。 事故で20分遅れの超満員電車にもまれ、7時に、渋谷駅近くで開かれる、反差別カウンターのメンバーたちの内輪の忘年会に参加。 話題はもっぱら、今年4月に、闘いの半ばで亡くなった元男組の高橋直輝組長。

 

2次会を近くの寿司屋。 以後記憶なし。 

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 11:53
-, -, - -