RSS | ATOM | SEARCH
プラダの黒人差別キャラクター

12月17日(月)

 

朝、8時半起床。 とにかく寒い! 今日から有機人参ジュースを止めて、豆乳と“えごま油”入り青汁二杯。 気温3度、雨上がりの寒天下、渋滞を見て歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

土曜日に事務所で作業した編集者が、暖房を消し忘れたおかげで、部屋は暖かい。(電気料金はかさむ) コーヒーを淹れて、年賀状のコメント書き。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 引き続きコメント書き。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんが、頼んでいた卓上カレンダーを二つ持って来てくれ、先週の反省と今週の展望。 9万円と低配当だったが、WIN5をゲットしたとのことで、表情も明るい。 

 

朝日新聞に、イタリアの高級ブランド・プラダが制作した、ステレオタイプの黒人差別的キャラクターが抗議され、展示と販売が取りやめになったとの記事。  

 

アメリカでは、1960年代の公民権運動の中で徹底批判され、日本でも1970年〜80年にかけて、爛瀬奪海舛磴“やカルピスの商号イラストが抗議された、「黒い顔に赤い分厚い唇」(猿のような)という「古典的」で典型的な黒人差別キャラクター。 

 

プラダは、黒人を差別する意図はなかったと釈明しているが、差別かどうかは主観的な意図の有無とは関係ない。 意図的に行うのはヘイト行為という。 プラダはしょうもない言い訳をしないで真摯に反省すべき。

 

夕方、大手版元から『最新 差別語 不快語』の、多部数の直注文の連絡が入る。 年の瀬に有り難い! 5時まで、コメント書きをして事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、朝より5度高い気温8度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

安価な鯵の造りで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、少々。 豚ロースステーキに千切りキャベツを添えて、白ワイン。 昨日のすき焼きに牛肉とうどんを入れて、夕食を締める。

 

NHKで、ファミリーヒストリー。 楽天の、三木谷浩史。 そこそこ面白かった。 ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 札幌の爆発事件。

 

NHKで、大井競馬場の予想屋(大阪市大法学部中退)の、「ノーナレ」を見る。 AI競馬予想との闘い。 競馬を人生の思想と語る予想屋に、粋を感じる。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部を見て、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:49
-, -, - -