RSS | ATOM | SEARCH
矢部宏治著、『知ってはいけない 2』(講談社現代新書)

1月12日(土)

 

朝、9時起床。 曇天から今にも雪が降りそうな寒さ。 有機人参ジュースと爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 

 

雪が降る前にと、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンと豚まん・カレーまんを購入と思うも、なんと財布を持ってきてないことに気付く。 がっくりして、豚まんを目に焼き付け、川縁を腕の筋トレをしながら戻る。

 

汗に濡れたシャツを着替え、トマトベースのジャガイモとニンジン・タマネギ+牛肉入りのシチューを温めて、昼食。 「まんぷく」、昼の部を見て、午睡30分。 

 

矢部宏治著、『知ってはいけない 2』(講談社現代新書)を読み終える。 矢部宏治氏による、アメリカが裏で日本を支配している戦後の占領構造を、実資料に基づいて暴露した第二弾。 

 

安保条約の秘密協定(密約)〜60年安保改定時に引き継がれた、「行政協定」〜「地位協定」、そして日米合同委員会。そこに潜む外務省の姑息な文書改竄などを徹底的に明らかにし、屈辱的“対米従属”の実態を浮かび上がらせる。 今の安倍自民党政権がなぜ、売国的対米追従・トランプのポチに徹しているのかがよくわかる。

 

立法府を無視した、「日米合同委員会」―「米軍と日本の官僚との非公開の協議機関こそが、『戦後日本』の“最大の病根”となっている」。 そして「日米安保協議委員会」により、「基地権」と自衛隊の「指揮権」が米軍の手に握られている。 

 

新春、空を見上げると米軍の戦闘機が低空で2機爆音を轟かせながら武蔵野の空を飛んでいた、そのはるか上方に日本の民間機が飛行機雲を引きながら飛行していた。 関東の空は米軍の管制権のもとにある。通称「横田空域」。 そういえばトランプは横田基地から都心にやってきた。

 

7時に夕食。 昼と同じシチューで味気ない。 アルコールなし。 明日の中央競馬、WIN5の検討。 「まんぷく」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:02
-, -, - -