RSS | ATOM | SEARCH
フジTV・“バイキング”、梅沢富美男さんの「差別発言」について

1月16日(水)

 

朝、7時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温7度の晴天下、バスで駅。 駅からバスを乗り換えて、狛江駅。 小田急線で成城学園前駅で降り、またバスに乗って、NHKの放送研修センターで行われる、NHKと民放各社(とくにネット局)の研修のひとコマ、差別問題について、9時半から講師を務める。

 

冒頭に差別問題は人権問題の根幹であることを強調し、コンプライアンス研修との違いを説明。 研修の中心課題は、杉田水脈議員の、「生産性」によるLGBTの人びとに対する差別記事の持つ犯罪性と危険性について。 

 

11時に終えて質疑応答。 30代の人たちから積極的に放送現場での具体的な質問を受ける。 予定を30分オーバーして、11時半に終了。 熱心に聞いてもらったうえでの鋭い質問で、かなり充実した研修会だった。

 

成城学園前駅から新宿経由で、神保町。 12時40分に事務所に到着し「まんぷく」に昼の部に間に合う。 コンビニで買った辛味噌ラーメンで、昼食。 

 

NHKの、1時のニュースで、“日本出身横綱”・稀勢の里が引退を表明したことを知る。 本当に可哀想としか言いようがない。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、先週三日間開催の中央競馬の反省(今週の展望はなし)。 Kさんは、成人の日の休日、月曜日のWIN5、880万を4勝1敗(当方は1勝4敗で論外)で外したという。 しかも、迷った末に1着馬を逃したと、その口惜しさを、相槌を打ちながら1時間ばかり、静かに聞く。

 

フジテレビの、昼ワイド・「バイキング」でゲストの梅沢冨美男さんが「乞食役者」との差別発言をしたと、ヤフーニュースが報じている。 番組は見ていないが、ネット上の情報を見る限り、なんの問題もない。 むしろ、司会の坂上忍と局アナの榎並大二郎が、「不適切な発言がありました」とお詫びしたことの方が問題。 

 

梅沢さんは、幼いころからのドサ回り(公衆浴場を含む)時代に、投げかけられた「乞食役者」と言う蔑視的な視線を自らの言葉で述べたもので、この場面でこそふさわしい言葉。 それを犖斥媼蹐“=「放送禁止用語」(1970年〜80年代にメディアが作った自主規制で被差別団体は一切関係していない)とか気にして、「不適切な言葉」とした、局アナ・榎並とMS・坂上こそ批判されるべき。

 

今日NHKの研修センターでで話し、批判したばかりのことを、フジテレビが繰り返すかと思う。 ヤフーに、ハンドルネーム狄綉“さんが、「不適切発言に思う 梅沢さんそれは、そういう言葉を浴びせられた心情を表すのに適切な言葉だと思う。 文章としては、不適切に感じない。 その言葉だからこそ くやしさ・切なさが伝わってくる。」。 視聴者を舐めてはいけない。 分かっている人は分かっている。

 

メールの点検などをして、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をし、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

NHKで、「ガッテン!」。トンカツの揚げ方を学ぶ。 刺身3点盛りで、四日ぶりのアルコール。 辛口のスパーリングワインで、豚ロースに千切りキャベツを添えて、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 稀勢の里の引退会見。 本当にみじめな、狷本出身横綱“。 慰める言葉が浮かばない。 テレ朝、報道ステーション〜BS、「まんぷく」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:56
-, -, - -