RSS | ATOM | SEARCH
川崎駅で、ヘイト街宣にカウンター行動

1月19日(土)

 

朝、9時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 シャワーを浴び、雲一つない晴天下、産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。  ちゃんと財布を持って市場で、待望の豚まんとカレーパン+酵母パンを購入。 

 

冬日を正面から全身に浴びて、爐寮”の川縁を腕の筋トレをしながら、散歩。 水位低く、穏やかで透明な水面に大型鯉の軍団。

 

BSで、「まんぷく」一週間分の今日の部を見て、豚まんとカレーパンを淹れたてコーヒーで、昼食。 旨い!  気温11度、小型バスに乗り駅。 南武線に乗り換えて、1時過ぎに川崎。 川崎駅東口で行われる、排外主義政党・日本第一党の街宣に対するカウンター行動に参加。 

 

30人に満たない、たるんだ視点の定まらない表情のレイシストに、200名を超えるカウンターのメンバー(十数人が小型・中型・大型トラメガを持参)が、徹底的な爆音で抗議行動。  2時間近く一切のヘイト発言を掻き消して、しょぼくれたヘイト豚を蹴散らす。 

 

生意気そうな、しばき倒すしかないクソッたれ中年ヘイトを、20分ロックオン。 アドルフ・ヒットラーの『わが闘争』に、警察に守られた街宣に意味はないと強調していたことを思い出す。  ナチス・ヒットラー以下のカス連中に、晴天の休日を台無しにされたことに、怒り倍増! 

 

顔見知りのカウンターメンバーたちに挨拶して、電車に乗り5時に帰宅。 2時間以上立ちっ放しだったので、チェアーマッサージで腰を労わる。

 

市場で買った、田舎煮のパック(自然食品)で白ワインの小瓶一本と吟醸酒2合。 豚ロースを焼いてレタスを添え、夕食を締める。

 

TBSで、タケシのニュースキャスター〜BSで「まんぷく」夜の部。  明日の中央競馬、win5の検討をして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:19
-, -, - -