RSS | ATOM | SEARCH
厚生労働省の不正データ

1月31日(木)

 

朝、10時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて気温5度、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、12時半に神保町。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 平日の午後に、中野駅でヘイト街宣。 カウンターが圧倒している映像を、ツイッターで見る。 ヘイトが、百田尚樹の『日本国紀』を掲げている写真に嗤う。

 

アベノミクスの目玉である、“実質賃金の上昇率”が、昨年6月に発表された+3・3%ではなく、賃金統計を再試算した結果、−0・53%だったことが判明し、国会審議の中で厚生省が認めた。  「働き改革」の時の裁量労働制データー捏造と同じ。 国家予算30兆円を執行している厚生労働省。 もはや政策論議の段階ではない。 

 

官僚の腐敗堕落の根本には、安倍晋三に対する忖度がある。 安倍首相は、労働組合・連合の賃金データを持ち出し反論。 わけがわからん! なぜこんな安倍内閣を打倒できないのかと、怒!

 

急に睡魔が襲い、午睡30分。 どうも疲れがたまっている。 昨年末に書いていた、ウェブ連載「差別表現」の原稿に手を入れる作業。 明日アップする予定。 

 

夜には雪が降るというので、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、停留場で雨に打たれ、小型バスに乗り6時半に帰宅。

 

筋トレワンセットをこなして、5割引きの刺身3点盛りとヒラメの板と豚ロースのフライ+餃子で、白ワインと鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 厚労省の統計不正事件について、不正・虚偽がどんな意図で行われたかの本質を全く報道せず。 〜クローズアップ現代。 千葉の小学生虐待死をテーマに論議。 南青山の児童相談所設置反対問題にも触れるが、今一つ突っ込みが弱い。 差別の視点抜きに語っても真相を明らかにできない。

 

テレ朝、報道ステーション。 厚労省の不正に対し、いい視点からの指摘もあったが、後藤謙次では信憑性に欠ける!  「まんぷく」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:18
-, -, - -