RSS | ATOM | SEARCH
佐藤優著 『新 学問のすすめ』(文春文庫)

2月9日(土)

 

朝、9時起床。 寒い! 有機人参ジュースと爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 小雪舞う中厚着して、産地直産市場前の湧き水汲み敢行。

 

市場で新鮮野菜と井筒ワインなど。 側の精肉店で豚肉の塊と鶏の胸ともも肉を仕入れ、4ℓボトル+肉塊で筋トレしながら川縁を歩く。 野川の水位低く大型鯉見えず。 さすがに今朝はランニングをしている人もいない。 

 

汗をかき、シャツを着替え、豚まんと初見のソーセージパンを淹れたてコーヒーで、昼食。 「まんぷく」、昼の部。  中央競馬・東京(府中)が降雪のため中止になったという。 しかし、府中競馬場に雪は積もっていないし、今後も降る天候でもない。 11日の祝日に代替競馬を開催することが目的と思えてならない。

 

佐藤優さんの、『新 学問のすすめ』(文春文庫)を読み終える。 2018年の4月から7月にかけて、同志社大学で行った、キリスト教神学の集中講義を受講生の反応も踏まえて収録し編集したもの。  キリスト教、主に聖書に依って、歴史と現実を考察し、思考を鍛えることを目的としている。キリスト教の素養がなくても充分知識が深められ、現実にある困難や矛盾に対しての、立ち向かい方が分かる。 

 

「言葉で説明するということは、いったん符号にすること、エンコードですね。それをもう一回読み解くのは、デコードつまり復号」、「エンコードとデコード」の間で起こるずれが文化。「言葉とイメージするものの間で必ずズレが出る。この差異の体系が、実は文化なのです」。 

 

本書後半で、特攻隊員が懐に忍ばせていた、田辺元の『歴史的現実』を徹底的に批判しているのは、今現在の政治に対する危機感からだろう。 とにかく、「目から鱗が落ちる」((新約聖書)の「使徒行伝」第9章18節)こと請け合いの教養書。

 

6時半に、田舎煮をつまみに、井筒ワイン二杯。 鶏もも肉のクリームシチューを酵母パンで、夕食。 フジTVで、キー局のアナと系列局のアナウンサーを、さんまがいじる番組を見ながら、明日の中央競馬・WIN 5 の検討。 民放各局のアナウンサーは芸達者。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:41
-, -, - -