RSS | ATOM | SEARCH
分身ロボット“オリヒメ”

2月20日(水)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、雲一つない気温11度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

今日は春並みの暖かさというが、事務所内は寒く持ってきたセーターを着る。 ウェブ連載「差別表現」の原稿を書き始めるも、いろいろ別件の用事が舞い込み、筆進まず。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

『客室乗務員』本の再校がほぼ終わり、執筆者側との詰めの重要なやり取りに気を遣う。 問題点を解決し、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温15度バスに乗り6時半に帰宅。 

 

広島風お好み焼きの、爛ープソース“1・2ℓを買う。 ネーミングの良し悪しは別にして秀逸のお好み焼きソース。 筋トレワンセット。 5割引きのヒラメの板刺しとぶつ切り豚肉入り富士宮焼きそばで、夕食。 白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。

 

NHKの「ガッテン」で、東洋の神秘・鍼治療の世界を見る。 鍼灸院の数がコンビニより多いと知って、少し引くが、打ってもらうにも、なかなか勇気がいる。

 

NHKで、「探検バクモン」。 分身ロボット爛リヒメ“を開発した、コミュニケーションテクノロジー・「オリィ」研究所の吉藤氏。 今日、重度障害者の雇用問題について、爛リヒメ”と働く現場の実際(喫茶店)を知ったところだった。 AIが障害者の労働環境を劇的に改善している。 しかし、この番組を含め、Eテレなどの積極的な番組が潰されるという話を聞く。 牙を抜かれた「クローズアップ現代+」のようになる。

 

テレ朝、報道ステーション。 衆議院予算委員会 安倍首相の居直りとフェイク答弁がまかり通る論議に、あきれるだけ。 

 

「まんぷく」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 09:13
-, -, - -