RSS | ATOM | SEARCH
テレ朝、「ポツンと一軒家」を見る

3月24日(日)

 

朝、9時起床。 晴天に布団干し。 豆乳とEXVオリーブ油“入り青汁二袋。 産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜を仕入れ、川縁を散歩。 

 

桜木は1分咲きで開花は4〜5日後だが、風もない暖かさに、河川敷では複数の家族が花見の小宴会を開いていた。 汗を吸ったシャツを着替え、豚まんを淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

中央競馬。 WIN5は初戦敗退。 G機高松宮記念は3連単450万円近い大波乱で、カスリもしなかった。 いいとこなしのマイナス収支で終了。

 

ゆっくり風呂に浸かり、邪気を払い、タラの芽の天麩羅とネギヌタ+階下の住人から頂いた、居住スペースで栽培した大根の煮物と鶏胸肉のから揚げで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 

 

日テレで、「世界の果てまで、イッテQ」。 NHKの大河ドラマ、「いだてん」は見ない。 思い出して、「イッテQ」の視聴率を開始早々から超えたという、テレ朝、「ポツンと一軒家」を見る。 確かにいいところに目を付け発掘した番組だと思う。 バラエティーではないにもかかわらず高視聴率。 視聴者の年齢層、つまり、超高齢化社会を意識した構成。 多分視聴者は高齢者かと思う。 『週刊現代』の購読者層は70歳台で、『週刊ポスト』は60歳台と聞いたが、現実味がある。

 

NHKの、サンデースポーツ。 全勝優勝した白鵬の生出演だけで、充分。貴景勝を持ち上げるのは、稀勢の里の二の舞。 フジ、Mr、サンデー。 イチローを取り上げるのは当然だが、ゲストに一茂はいらない。

 

あと少しで終わる、韓国宮廷ドラマ、「運命の女 オクニョ」。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 08:57
-, -, - -