RSS | ATOM | SEARCH
尾崎ゼミ

3月27日(水)

 

朝、9時起床。 中国整体のおかげか、熟睡。 豆乳と“EXVオリーブ油”入り青汁二袋。 気温16度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

娘の応援を得て、月末の支払いなど会計実務。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、蒸し鶏肉入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

神奈川県議選に横浜市戸塚選挙区から、立憲民主党公認候補として立候補していた、飯田強の公認が取り消され出馬辞退となった。 理由は、過去ネット上でヘイト投稿をしていたことがバレたため。 ヘイトスピーチのカウンターメンバーがこの間一貫して批判していた。 今日の朝日新聞にも取り上げられている。 7月には、参議院選もある、立憲民主党は候補者の調査(思想的かつ現実的身体検査)をきちんと行うべき。 「身体検査」と言う言葉は使いたくないが、枝野代表にはしっかりと取り組んでほしてほしいと思う。

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義・上』の予習。 前回に引き続き、第一部・第一篇・中国。 相変わらず厳しい中国批判。 今読んでいる、サイードの『オリエンタリズム』にヘーゲルの名前が出てこないのが不思議。(マルクスの名はある) 中国人は平気で嘘をつくと断定し、「無を最高絶対の神の境地と見なし、個をないがしろにすることをもって人格の最高の完成と考える仏教が、中国で広くうけいれられているところにも、道徳的な悪の意識が顔をのぞかせています」。 「無」と「空」の違いをキリスト教文化人は理解できない。 

 

7時からゼミ開始。 9時に終えて、アフターゼミ。 持ち寄ったつまみとビールやワインで、懇親会。 11時半にお開きにして、帰宅方向が一緒の、狄刑“ゼミ生Iさんと、電車で駅(Iさんは乗り換え)。 神保町からの最終電車の込み具合に驚く。 

 

タクシーワンメーターで、12時半に帰宅。 勢いついて、バーボンウヰスキーを飲んで、、2時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:20
-, -, - -