RSS | ATOM | SEARCH
人種の概念

3月28日(木)

 

朝、10時起床。 豆乳と“EXVオリーブ油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温18度、なぜか満員の小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、、11時半に神保町。 

 

昨夜のアフターゼミで散らかった部屋を片付け、掃除。 25日に小学校の卒業式を終えた、孫娘と靖国神社の桜見物と思っていたが、娘の事情でキャンセルになり、残念。

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、鶏胸肉入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 昨日全国の書店に向け一斉送信した、『客室乗務員』本の予約注文が件数、部数ともイマイチで気落ち。 

 

朝日新聞に“「人種」の概念 科学で使わないで 悪用・誤解による差別助長を懸念”、という特筆すべき記事が載っていた。 「人種は欧州の科学者が植民地支配や奴隷制を支えるために政治的意図を持って発明した概念だ」との学者の指摘は明快。

 

『週刊文春』と『週刊新潮』を読んで、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温13度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

600円のプリプリのホタルイカ(12匹)と厚焼き玉子+生ワカメをつまみに、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 

 

「ひよっこ2」の最終回。 BSプレミアムで、ザ・プロファイラー「スパイ・ゾルゲ」。 なかなかの内容。 市川沙耶の視点もいい。 テレ朝、報道ステーション〜「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:09
-, -, - -