RSS | ATOM | SEARCH
選挙演説でもヘイトは犯罪

4月9日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと“EXVオリーブ油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて気温12度の晴天下、小型バスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。 

 

事務所に入るなり、新刊の注文電話と一般注文ファックスが入り、出足快調。 今週行う研修のレジュメを最終点検し送信。 内容の核心は、ヘイトスピーチ〜ヘイトクライム〜ジェノサイド。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、豚焼肉入り自家製野菜サラダ+キツネ寿司一個で、昼食。

 

午前中の参議院法務委員会で、立憲民主党の有田芳生議員が、選挙演説におけるイトスピーチなどについて質問。 それに対し警察庁は、「ヘイトスピーチがあれば刑事事件」として取り上げるよう、各都道府県警察本部に通知したことを明らかにする。 前期統一地方選に立候補していた、排外主義的ヘイト団体・日本第一党の立候補者は全員落選しているが、ヘイト演説を繰り広げていた。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温13度、バスに乗り6時半に帰宅。 天気予報では、明日朝は4度で、真冬の気候になるという。 

 

筋トレをして、BSフジで巨人VS中日戦。 3回、ノーアウト満塁で追加点を取れなかったこと以外は、まずまずだが、中日ごときにてこずっていては心もとない。

 

テレ東で、「開運! なんでも鑑定団」。 真贋見分け率70%だったが、プレミアムは、一つ目、井原西鶴の手書き札を偽物判断し5000円と評価したら本物で300万円、ポケモンカード31枚を50万円と評価したら、780万円近い値付けで、訳が分からん!

 

テレ朝、報道ステーション。 5年後の新札の話題。 一万円札の、渋沢栄一以外の絵柄はいいと思うが、なぜ今これを公表するのか、政治的意図が透けて見える。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 広島の県議会選挙で次点になった知り合いの選挙結果を、やっと見る。わずか300票差。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:25
-, -, - -