RSS | ATOM | SEARCH
高田馬場で一水会のフォーラム

4月16日(火) 朝、9時起床。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温19度の晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

明日取り次ぎに見本を持ってゆく、『客室乗務員本』の最終委託部数確認。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、鶏肉入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 広瀬すずがまぶしい。 

 

『客室乗務員本』の著者が、全力で書店営業活動を行ってくれており頻繁に連絡を取りあう。 とくに大学生協を対象にして販売促進をかけてくれているので、本当に感謝!

 

『反ファッショ愛国』本の原稿を、校正しながら読み進める。 5時半まで集中して行い、事務所を退出。 6時半から、高田馬場駅前の会議室で行われる、民族派組織・一水会主催のフォーラムに行く。 

 

講師は「インサイダー」の主宰者・高野孟さんで、テーマは「平成の30年を振り返り令和の課題を考える」。 平成の30年、最悪の首相・安倍晋三の政策を徹底批判。 竹中平蔵と同じく、対米従属で国益を毀損している。 

 

『反ファッショ』の著者・山口祐二郎さんは主催者側の一人で、冒頭で活動報告。 一水会の代表・木村三浩さんは、ロシアのクリミアに出張中で、会えず残念。 講演終了後、高野さんに、遅れに遅れている『元祖・世界地図の読み方』の原稿を渡す。 夏前に爛皀淵豹圭“2点同時発売の予定。

 

地下鉄東西線で、三鷹駅。 駅で惣菜を買いタクシーに乗り10時に帰宅。 最終バスが終わっていることに気付かず、予期せぬ出費。 テレ朝、報道ステーションを見ながら、ほんとうに美味いコロッケと惣菜でサントリーのプレミアムロング一缶とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯で、遅い夕食。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 北海道が舞台だけに、宇梶剛士が出演。 〜「ダークサイトヒストリー」。 ヒットラー・ナチスの犯罪を暴く番組だが、濃い内容。 ユダヤ人600万人のホロコーストは経済的略奪殺人との鋭い指摘。 アウシュビッツ=ビルケナウに強制収容され虐殺されたユダヤ人から、行の列車乗車賃を取っていたとは、初めて知った。

 

ストレッチをして、トイレのタイミングを計り、3時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:27
-, -, - -