RSS | ATOM | SEARCH
川崎駅前のヘイト街宣粉砕行動!

5月12日(日)

 

朝、9時起床。 心房細動が起きているわけでもないのに、明け方まで4回もトイレに起き、睡眠不足で頭がくらくらする。 豆乳と有機人参ジュース一杯。 酵母パンに、ミカンの皮ジャムを塗って、淹れたてコーヒーでブランチ。 

 

時間がなく湧き水汲みは止めて、気温25度、バスで駅。 1時半に川崎駅前で行われる、差別・排外主義団体・日本第一党のヘイト街宣粉砕行動に行く。

 

悔い改めないというより、排外主義に身も心も囚われた不可逆的な差別主義者のゲス20人足らずが、ヘイト街宣。 300人を超えるカウンターの犁△“コールの爆音で、ヘイト演説を無化する。 本年度中に川崎市は罰則規定のある差別街宣禁止の条例を制定する予定。

 

ヘイト街宣を粉砕した後、国会活動が忙しい中、カウンター行動に参加していた、立憲民主党の沖縄県代表でもある、有田芳生参議院議員としばし情報交換。 

 

南武線を乗り継いで、駅。 成城石井で買い物。 気温23度、小型バスに乗って4時半に帰宅。 風呂に入って、汗を流し、狄実膸ビール“で喉を潤す。 

 

プリプリのホタルイカと廉価なマグロの赤身〜中トロ〜大トロの盛り合わせ+市場で買った、タラの芽を天麩羅にして、梅干し入り焼酎のお湯割り一杯の夕食。

 

NHK、ニュース7。アメリカのフロリダ大学に留学している、サニブラウン・アブデル・ハキームが現地の大会で、100M、9・99で優勝したとの吉報。 映像を見る限り、太ももと腕・肩の筋肉が発達している。 ついに日本男子短距離界の本命が躍り出てきた。 父親はガーナ人で母親は短距離で活躍した日本人。 父親よりも圧倒的に母親の影響が大きい。 ステレオタイプの評論は恥をかく。

 

巨人がまたヤクルトに負けた、情けない。 坂本の記録は続いている。 早め、11時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:52
-, -, - -