RSS | ATOM | SEARCH
『月刊日本』を叱咤激励する会

5月22日(水)

 

朝、7時半起床。 5時にトイレに起き、二度寝して、体調良好。 「なつぞら」、朝の部。 画面凍結3回。 有機トマトジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 

 

シャワーを浴びて、気温21度の晴天下、バスで駅。区間快速で、10時半前に神保町。 駅で、『週刊金曜日』の副編集長・Iさんと遭遇。 長谷川豊の酷い部落差別発言を伝える。

 

集中して『反差別』本の原稿を読み校正作業。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、ゆで卵入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を速読して、引き続き原稿読み。 その間、有り難い直注文、段ボール一箱梱包して発送。 長谷川豊の差別講演について原稿を依頼される。 5時過ぎに、追加原稿分を残して『反差別』本の校正原稿をやっと読み終える。 疲れた。 

 

6時に、内幸町のプレスセンターで開かれる、“『月刊日本』を叱咤激励する会”に参加。 旧知の人たちと久闊を叙す。亀井静香に平沢勝栄、『月刊日本』の常連、石破茂の祝辞。 そして自民党の現職幹事長・二階俊博。 足元もおぼつかなく、政治生命はともかく身体的衰えは隠せない。 国民民主党の代表・玉木雄一郎は挨拶後も最後まで会場にとどまる。

 

『日刊ゲンダイ』の前社長・下桐さんとしばし世間話。『月刊日本』の若手編集者の気合の入った挨拶を聞いて会場を辞す。 神保町駅に戻り、直行電車で駅。 成城石井でホタルイカを買い(割引なく定価)バスに乗り、かっての停留所で降り、400M歩いて9時半に帰宅。

 

NHK,「クローズアップ現代+」が、「ネット広告の闇フォロワーの水増し」問題の内実を追及。 詐欺的実態が明らかになる。 引き続き、「歴史ヒストリアで」、1853年〜4年ペリー来航の舞台裏。 面白かったが、ミンストレル・ショーには触れず。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:50
-, -, - -