RSS | ATOM | SEARCH
川崎市登戸殺傷事件続報

5月30日(木)

 

朝、8時半起床。 窓全開で熟睡。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温22度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。

 

川崎市登戸の殺傷事件について、ネット上で容疑者に対し、いろいろと議論が行われているが、目立つのは「一人で死ね」という意見に対する批判。 

 

人を道ずれにする、「拡大自殺」願望を持つにいたる背景の社会的な要因を分析しない限り、事件の再発は防げない。 国家公安委員長・山本の談話にはその視点がすっぽり抜けている。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、鶏肉入り自家製野菜サラダ+納豆巻き寿司一個で、昼食。 午睡30分。 『週刊文春』と『週刊新潮』の登戸殺傷事件の関連記事を読む。 2001年、大阪池田小学校児童殺傷事件を起こした宅間守と確かに類似したところがある。 カリタス学園の児童を狙った動機にそれを見る。 

 

神田・三省堂本店で、『Newsweek』日本版を買う。 「百田尚樹という社会現象」を読むため。 ついでに『ネット右翼とは何か』(青弓社)を購入。 なかなか面白そう。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温23度、バスに乗り6時半に帰宅。 BS・NHKで、巨人VS阪神戦。 昨日の無様な負け方の憂さを晴らしてほしいと思ったが、今日も不甲斐ない負け方。 5割引きのヒラメの刺身と鯵の南蛮漬けで、白ワイン二杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯。 豚肉入り自家製焼きそばで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 登戸の殺傷事件。 BS・プレミアムで「なつぞら」、夜の部。 

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 08:30
-, -, - -