RSS | ATOM | SEARCH
『週刊金曜日』に投稿掲載

5月31日(金)

 

朝、8時起床。 今日で5月も終わる。 昨夜寝付かれずトイレに二回も起き、寝不足気味。 「なつぞら」、朝の部。 3回、画面凍結。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温23度の晴天下、バスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。

 

読書感想文を一つ書き上げて、「なつぞら」昼の部完全版を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ二紙も朝日新聞も川崎登戸の殺傷事件を、社会面で大きく取り上げている。 

 

『週刊金曜日』が郵送されてくる。 投稿した、「長谷川豊氏への糾弾が必要 確信犯的な部落差別発言で参議院選公認停止」の見出しで、本文トップに掲載されていた。 記事を読んだ旧知のジャーナリストから電話がある。 長谷川豊に代表される、差別排外主義に対する危機感は大きい。

 

送ってきてくれる、『解放新聞』の各県連版を読む。 長谷川豊の度し難い部落差別をキチット、コラムで追及している県連もある。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り6時半に帰宅。

 

BS・日テレで巨人vs中日戦。 7時半から、NHKの“ネタドリ”で登戸の殺傷事件特集を見るも、あまりにも酷い内容で、この番組自身が批判対象と言ってよい。 時間を無駄にした。 つまらない野球を見るのをやめて、「チコちゃんに叱られる」。

 

割引なしの少々高めの刺身3点盛りと鯵の南蛮漬け+炊立ての白米とラッキョの漬物で、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の夕食。

 

NHKニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 登戸の殺傷事件。 野村何某の発言に怒! なんで毎週野村を出すのか分からん。 

 

「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:59
-, -, - -