RSS | ATOM | SEARCH
川崎市登戸の殺傷事件余波

6月3日(月)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず、8時間熟睡で、体調良し。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度の蒸し暑い晴天下、小型バスで駅。 区間快速で10時半前に神保町。 

 

週明けのメールを確認し、先週あまりチェックできなかった、ツイッターとフェイスブックを見る。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 昨年秋の新刊・『被差別部落の真実』の増刷を決め、訂正か所を添付して印刷所に送る。

 

川崎市登戸の殺傷事件関連情報を集中して読む。 「ひきこもり」と事件を関連つけて報じるメディアを批判した声明文は危機感に溢れている。 被差別マイノリティーと、凶悪かつ動機不可解な猟奇的事件を結び付ける思考に潜む差別意識に気づくこと。 

 

今回も事件の報道姿勢は、「犯人は精神科への通院歴があった。 警察は刑事責任能力を問えるか慎重に判断」と同種の差別助長報道。 真相は分からないが、元農水事務次官が「ひきこもり」の息子を殺害した背景に過剰な報道が影響したことがうかがえる。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温26度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。訪問地は富山県南砺市でゲストは三宅健。 三宅はV6のメンバーだと言うが、初めて見た。

 

イカの刺身と鶏から揚げ+ビーフシチューで、白ワイン、赤ワイン、日本酒、焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 羽虫の残党5匹殲滅。 てんとう虫が二匹どこからか侵入するが、居住を許す。

 

NHKニュースウォッチ9。 トップニュースは、元農水事務次官の長男殺害事件。 テレ朝、報道ステーション。 またしても羽虫が飛んでいる。 再度ソファー裏を大掃除してアルコール消毒。 しかしどうも巣の本丸ではないようで、部屋の蛍光灯の電気傘周辺に小さな羽虫が蝟集しているのを発見。 30匹近く掃討するが、どこから湧いてくるのかは、まだ不明。

 

11時、TBSのニュース23。 今日から登場のメインキャスター・小川彩佳。 30分間見るが、なかなかのもので、イイネ!を押せる。 日テレの有働由美との違いが鮮明になる。

 

BS・プレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:40
-, -, - -