RSS | ATOM | SEARCH
差別者・長谷川豊の居直り

6月11日(火)

 

朝、9時半起床。 なでしこジャパンの不甲斐なさに、寝過ごす。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温22度、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

頭がスッキリしているうちに、高野孟さんの原稿を読む。 そこそこはかどるが、編集者の入力段階でのミスが目につく。 習金平→習近平など。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 テレビ、雑誌で活躍しているジャーナリストの、Aさんから電話。 長谷川豊が昨日アップしたブログで、日本維新の党からの参議院選出馬を辞退したことに関し、その舞台裏と経緯を書いているが、直接の原因となった部落差別講演については、完全に居直っているとのことを教えてもらい、早速ブログにアクセスして記事を読む。 

 

長谷川は、「士農工商・穢多、非人」という、暗い身分制度はなかった、が最新の学説だと「新知見」を披歴。 学的事実は、「士農工商・穢多、非人」ではなく「武士・平人・賤民」という身分差別だったことが最新の学説で、身分制度がなかったとは誰も言っていない。 一知半解というか、歴史修正主義でもなく、反知性主義のなせる業としか言いようがない。 改めてウエブ連載「差別表現」で糺すが、長谷川豊個人をを徹底糾弾しない限り、今回の部落差別煽動講演事件は終わらない。

 

引き続き、高野孟さんの『元祖・世界地図の読み方』(仮題)の原稿読み。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅、 パルコフードマーケットで、今日が最終日の犢島風お好み焼き”を買い、バスに乗り、気温22度、6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 

 

BS・TBSでセパ交流戦・巨人vs西武戦。 盛り上げに欠ける試合展開に、NHKの高齢者向け牴離灰“を楽しむ。 お好み焼きと鯵の南蛮漬けで、白ワインとシークヮーサー入り焼酎の水割り各二杯で、夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 プレミアム鑑定はいずれも、真贋見分けられずで、 今日の巨人と一緒で、情けない。 NHK、クローズアップ現代。 「LGBTの理解進む?」を見る。 まともな番組。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:12
-, -, - -