RSS | ATOM | SEARCH
元東京新聞記者・村串栄一さん逝く

7月4日(木)

 

朝、9時起床。 涼しいのでよく寝れる。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度、霧雨の中、定時より早く来た小型バスに乗り遅れ、400m先の昔のバス停から駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。

 

娘の応援を得て、会計実務。 民族派・山口祐二郎さんのネトウヨと既存右翼批判の原稿読み。 「なつぞら」、昼の部。 ちょっと展開に無理感。 ウィンナー入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡なしで、原稿読み続行。

 

今日届いた『週刊文春』で、元東京新聞の編集委員で、弓立社から『がんと明け暮れ』(2013年刊)を出版した、村串栄一さんが6月26日に亡くなっていたことを知る。 享年70歳。 がんと共存しながら強靭な意思で生き抜いたジャーナリスト。 

 

70歳は今では「早世」といえるが、ここ10年は30年に値する時熟した人生を送っていた。 『文春』の、元朝日新聞・村山治さんの追悼記事がいい。 参議院選挙に、立憲民主党から全国比例区に立候補している弓立社の、元NHK記者・小俣一平さんはライバルで盟友。

 

5時まで原稿を読み進めて、本日打ち止め。 直行電車で駅。 レジが混んでいたので、何も買わずにバスに乗り、気温22度、6時半に帰宅。 

 

筋トレ、ワンセット。 部屋の汚れが目につき、塵取りローラーをかける。 物凄いゴミに閉口するが、ここのところのくしゃみと鼻水の原因が分かった気がする。

 

BS・日テレで、巨人vs中日戦。 2回裏、ツーアウト満塁で坂本が、6年ぶりのグランドスラム。 危なげなく巨人5連勝! NHK、ニュースウォッチ9。 参議院選挙情報。 テレ朝、報道ステーション。 語るべき内容なし。 

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 08:54
-, -, - -