RSS | ATOM | SEARCH
朝日新聞誤報の続報

7月10日(水)

 

朝、8時半起床。 涼しい! 熟睡。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。  NHKで、朝から自民党の、安倍総裁と三原じゅん子の、参議院選政見放送。 気分を害する。 

 

晴天下、500M歩いて以前のバス停から、駅。  ホームで電車を待っていると、前にいた60歳過ぎと思しき女性が、大きなタブレット画面でケントギルバードなどが出ている、DHCのネトウヨ番組を熱心に見ていた。 おぞましい風景。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。

 

山口祐二郎さんの、追加原稿の校正を忘れていたので行う。 内容は、「ミャンマーのイスラム系少数民族・ロヒンギャとの交流」。 山口さんが生まれ育った群馬県舘林市にロヒンギャ難民が集中して住んでいる。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 朝日新聞朝刊の一面トップは、「ハンセン病家族訴訟 控訴せず」の見出し。その下に「誤った記事 おわびします」。 そして2面で「本社記事 誤った経緯説明します」、との政治部長の結構長い反省文。 

 

嵌められたとは口が裂けても言えないだろうが、口惜しさは分かる。 昨日深夜、朝日の記事を受けて、早朝に“断念”の首相声明を出し、朝日に大恥をかかせることに成功し、なおかつ参議院選挙を意識しての方針転換で支持率を上げるという、一石二鳥の狡猾な政治戦略。

 

2回目の断捨離。 1時間半かけて、ポリ袋二袋分。 とにかく雑誌や資料は重い! 明日から2回目の校正読みを始める、高野孟さんの『21世紀 世界地図の読み方』(仮題)の直し原稿をプリントアウトし、本日打ち止め。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温23度、6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 断捨離の大汗を風呂で流し、BS・朝日で巨人vs阪神戦。 1回表、丸の特大先制ホームランで、勝負あり。 リーグ優勝は間違いないが、クライマックスというわけのわからん、敗者復活戦はいらない。 

 

ヒラメの刺身と生ワカメ、豚ロースを焼き千切りキャベツを添えて、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割り、各一杯で夕食。 日テレで、「今夜くらべてみました」沖縄女性特集。 仲間由紀恵がメインだが、後4人も濃い琉球人。 メチャクチャ面白いし、政治色はなかったたものの、沖縄のエネルギーを感じた。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:14
-, -, - -