RSS | ATOM | SEARCH
一日中原稿読み

7月18日(木)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず、8時間熟睡で体調良し。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 曇天下、500M歩いてバスに乗り、駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

頭が冴えているうちに、高野孟さんの校正原稿読み。 かなりはかどる。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

東京新聞のデジタル版が、神奈川県の選挙情勢“参院選 現場から”を、ヘイトスピーチと絡めて記事にしている。 その記事の冒頭に、川崎駅前でのヘイトスピーチに抗議する、カウンターを映したカラー写真が掲げられている。 後ろ姿に見覚えのある人物が映っていた。

 

2時に、高野さんの『21世紀 世界地図の読み方』(仮題)を読み終える。 A4コピー用紙15枚削減できたが、後は文章の流れと旧版との整合性。 

 

終えて一息ついていると、角岡伸彦さんから、『ノンフィクションに騙されるな』(仮題)の直し原稿がメール送信されてくる。 読み応えのある、百田尚樹批判。 引き込まれて読み進め5時前に読了。 手を入れるところがまるでない完成原稿で、残りの編集作業は、小見出しを付けることぐらい。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温27度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 

 

ヒラメとカツオの刺身と高級豆腐+狢臙呂鮗蕕覯”から届いた海老を揚げて千切りキャベツを添え、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の夕食。 

 

元紀伊國屋書店のSさんから、参議院選挙、立憲民主党全国比例区に立候補している、爐しどりマコ“さん支援要請のハガキが家に届く。 うれしいハガキだが、比例全国区は、弓立社社長・小俣一平なので申し訳ないが、お互い頑張りましょうと、心でエール。

 

NHK、ニュース。 京都アニメ会社の放火事件。 夜9時の15人から死者数が増加し、10時の段階で35人。 動機がはっきりしない痛ましい事件。 亡くなった人たちがアニメーターと思うと、「なつぞら」を見ているだけによけい辛い。 

 

テレ朝、報道ステーション。 京都の放火事件。 そして、3ヵ月前の池袋母子轢き殺しで、逮捕もされていない犢盖藥毀“に対する父親の告発。

 

BS・NHKで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:25
-, -, - -