RSS | ATOM | SEARCH
解放同盟広島県連大会運動方針

7月26日(金)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 すでに気温32度、真っ青な夏空の下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

気温23度に設定したエアコン最強で、事務所内を冷やす。 銀行に行くため外に出たが、体感気温は35度超え!。

 

解放新聞広島県版に載っている、明後日28日に開かれる、県連大会の運動方針書を読む。 「差別糾弾闘争について」では、「悪質な差別事件が発生する背景には新自由主義がもたらす格差社会のなかで深刻化する人間疎外・自己疎外状況」があることを指摘している。 自己承認要求が無視されることでもあり、これは京都アニメ製作所放火殺人事件や川崎で起きた児童殺傷事件の社会的背景でもある。 

 

「共同闘争について」では、「差別排外主義者『在特会』によるヘイトスピーチ・ヘイトクライムに対するカウンター行動を組織的に取り組むとともに『ヘイトスピーチ解消法』に罰則規定を盛り込ませる闘いを進めます」とある。 いいね!

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 スポーツ新聞二紙が、昨日の大船渡高校の件を大きく取り上げ議論しているが、やはりエース佐々木を投げさせなかったことに対する批判が多い。 佐々木自身は投げたかったという。 監督は佐々木のことを思ってのことだというが、それではナインは納得しないだろう。 大船渡高校には朝から抗議電話が鳴りっぱなしだという。 

 

溜まっていた雑誌と新聞切り抜き+プリントアウトした記事を読み、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットと、奥にある全品10%引きの北野エースで買い物をして、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 

 

NHK、首都圏ニュースが今日で3年目を迎える、相模原障害者殺傷事件について、献花が絶えない狡典廾罎笋泙罎蟇“からの中継を中心に時間をかけて報道。 7時・9時の全国ニュースも同じ。

 

秀逸のヒラメの板と広島風お好み焼きをつまみに、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎、各一杯で夕食。   BS・NHKで巨人vs阪神戦と、NHKの「チコちゃんに怒られる」。 巨人・菅野が心配。

 

テレ朝、報道ステーション。 コメンテーターを何とかしろと思う。  BSプレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 10:14
-, -, - -