RSS | ATOM | SEARCH
猛暑!著者と対談

7月29日(月)

 

朝、8時半起床。 明け方暑くて大汗をかき、トイレ。 居間のエアコンを強めにして二度寝。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 すでに気温33度の炎天下、10分遅れのバスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。

 

事務所内、冷房23度の強に設定するも、汗が出てくる。 なんと室内気温は31度の表示。 道路に面した全面ガラス張りの窓から熱気が滲みでてくる。 パソコンの調子も悪く、二度の再起動でやっと正常になる始末で、暑さ疲れ。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 昼のNHKニュースが、関東甲信越にも梅雨明け宣言が出されたこと報じていたが、今日から35度超えの日が続くという。

 

事務所内の書籍の断捨離、二袋。 少し動くだけで汗をかく。 4時に、『反ファッショ愛国宣言 右翼民族派の思想と行動』(仮題)の著者、山口祐二郎さんと対談。 既存の右翼が、ネット右翼にすり寄る思想的背景と実態について批判的検討。 対談内容は新著に収録予定。 

 

6時過ぎに終え、近くの居酒屋で懇親会。 過日山口さんと対談した、安田浩一さんの新刊、『愛国という名の亡国』(河出新書)が話題になる。 今日から書店店頭に並んでいる。 山口さんの新著とも連動する内容で面白そう。 

 

9時にお開きにして、直行電車で駅。 すでにバスはなく、気温29度、タクシーに乗り、10時過ぎに帰宅。 テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 NHKから国民を守る党に、日本維新の会にいた、ゲス議員・丸山穂高が合流するという。 N党がネトウヨ政党であることを知らしめる報道が必要。 元「在特会」桜井誠の、差別・排外主義政党・「日本第一党」からN党に党員・支持者が流れ込んでいるという。

 

「なつぞら」、夜の部を見て、ストレッチ。 1時に就寝。

author:小林 健治, category:季候, 08:55
-, -, - -