RSS | ATOM | SEARCH
映画 「ひろしま」(1953年)

8月16日(金)

 

朝、10時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温28度の曇り空、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、12時に神保町。

 

断捨離本を神保町の老舗古書店に引き取ってもらう。 昨日途中で終わっていた、メールとツイッター、FBなどを流し見る。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、テレビで宣伝していたセブンイレブンの冷やし中華の大盛りで、昼食。 味はやはりイマイチ。

 

2時半に、神保町の歯医者。 差し歯が取れそうなのでと先週訴えたのだが、レントゲンを撮られ、抜いた差し歯の基礎を作り直し、仮歯を付けられ10日後に新たな差し歯を付けるとのこと。 抜けた歯をクリーンナップして付け替えればすぐ終わると思っていただけに、何とも言えない気分。

 

連休中に届いた情報紙などを読み、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温31度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

秀逸のヒラメの刺身と鯵の南蛮漬け、カクテキて変化を付けて鶏胸肉のから揚げで、冷酒二杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎一杯で、夕食。 

 

高校野球、青森・八戸学院光星対長崎・海星戦。 これぞ熱闘甲子園。 7時45分、八戸学院光星のサヨナラ勝ちの、7対6。 見応えのあるいい試合だった。 負けて悔いなし、長崎海星!

 

NHK、「チコちゃんに叱られる」。 日テレ・BSで、巨人VS阪神戦。 阪神が相手で役不足とはいえ、なかなかの試合内容で、若き巨人の4番・岡本のツーランで、2対1で勝利。 

 

テレ朝、報道ステーション。 甲子園の高校野球報道は充実している。 BS・プレミアムで「なつぞら」夜の部。 パート・アルバイト、契約社員・派遣社員など非正規雇用の実態を意識した、今でいうマタニティーハラスメント。

 

NHK・Eテレで深夜映画、「ひろしま」(1953年 関川秀雄監督)。 モノクロ映像も迫力があり、俳優も達者だが言葉が標準語なのは興ざめ。 「仁義なき戦い」を標準語で演じるようなもの。 

 

ストレッチをして、2時に就寝

author:小林 健治, category:映画, 10:04
-, -, - -