RSS | ATOM | SEARCH
お盆休み明けは忙しい

8月19日(月)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 薄曇りの気温30度、大型バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時に神保町。 

 

突然雨が降り出し、走って事務所。 不安定な天候。  室内温度38度。 エアコン、冷房19度全開で冷却するも時間がかかる。 頭が冴えているうちに、山口祐二郎さんとの対談原稿に2回目の朱入れ作業。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、熱々のエビ天麩羅蕎麦で昼食。 「なつぞら」は、いよいよジブリが活動開始。 劇中では吉祥寺に、イタリアから帰ってきたマコ(貫地谷しほり)がアニメ制作所開設となっている。

 

NHKの、「プロの流儀選」―牴耄を行く精肉店店主 霜降り超える極上の肉“に、ついつい引き込まれて最後まで見る。 いい番組を見逃していた。 急激な睡魔に襲われ、午睡30分。 事務所内の断捨離本のゴミ袋入れ作業に汗を流す。

 

雑誌を読み飛ばしていると、元学研のNさんが見えられ、業界話。 出版業界の先行きを憂う。 元双葉社のKさんからの携帯メールで、N国党の党首・立花がネット上で部落差別発言を繰り返していた人物だと教えてもらう。 ネトウヨだとは認識していたが、それにしても筋金入りの差別者。

 

メディア関係団体からメールが来て、「差別語・差別表現」の、秋・研修セミナーの日程が決まる。 もう一つの恒例の研修依頼を電話で受け、日程調整。 急に忙しくなり、新刊本の刊行を急ぐ必要に迫られる。 

 

6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温28度、バスに乗り7時半に帰宅。 ヒラメの刺身とトウモロコシ、金平ごぼうとポテトサラダ+明日の昼食の余の鶏肉照り焼きで、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割り、各一杯で夕食。

 

NHKで、「逆転人生」のパラリンピックSP。 アトランタ大会(1996年)水泳で金メダルを取りまくった、成田真由美選手に「障害者はクズ」との中傷手紙や、郵便受けに割れた生卵などの、ヘイト事件があったことを知る。 そして衝撃の相模原障害者殺傷事件。 南海キャンディーズの司会進行と笑いがいい。 

 

武蔵野丘陵に、稲妻の閃光が走り、雷鳴轟き豪雨降る中、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 アオリ運転の傷害男逮捕はまだいいとしても、中野の警察病院から逃げた男性を、韓国名を強調して報道する事件かと思う。

 

BS・プレミアムで「なつぞら」、夜の部。 天候悪く画面真っ暗で半分見れず。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:02
-, -, - -