RSS | ATOM | SEARCH
小学館本社前での抗議行動

9月5日(木)

 

朝、8時半起床。 エアコン調整がうまくゆき、トイレにも起きず、7時間熟睡。 有機トマトジュースと爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 シャワーを浴びて晴天下、かっての停留所まで500m歩いて、バスに乗り駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

小学館、『週刊ポスト』のヘイト記事に対する批判が渦巻いている。 朝日新聞も第二社会面で大きく取り上げているが、「どの表現がなぜいけないのか、丁寧に」という見出しからわかるように、少しピントがずれている。 

 

記事の中身は、センセーショナルな広告のタイトルに凝縮して表現されているのであって、そこに差別的本質が現象している。 『週刊ポスト』の広告を載せたことについては、触れているものの言葉が弱い。 本来なら、『WILL』や『月刊Hanada』と同列で、広告掲載を拒否すべきだろう。

 

NHK、昼のニュース。 京浜急行の快速電車にトラックが突っ込み、1名死亡負傷者33名を超える大きな事故が発生した。 そのリアル映像が車内にいる乗客のスマホ動画から送信されており、臨場感がある。 

 

「なつぞら」、昼の部。 ゆで卵と薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 京急線事故の映像を見ながら、午睡30分。

 

次期新刊の対談原稿が上がってきたので、読む。 ノンフィクションライターで、神戸新聞社時代の先輩後輩でもある、角岡伸彦さんと西岡研介さんが、百田尚樹と上原善広を徹底批判した内容。 4時に読み終える。 なかなか面白い! 昨日最終校正を終えた、山口祐二郎さんの新刊と、10月中旬同時発売の予定。 忙しくなってきた。

 

6時半に、事務所から歩いて200M、白山通り神保町交差点から皇居寄り100Mのところにある、小学館本社前での抗議行動に行く。 『週刊ポスト』のヘイトスピーチ(差別的憎悪扇動)記事に対する直接抗議。 

 

参加を呼び掛けたのは、在特会や日本第一党のヘイトデモや街宣にカウンター行動を行っている、神保町の書店に勤める女性で、参加者には顔見知りも多い。 彼女が昨夕、思い悩んでツイッターで呼びかけた抗議集会に150人(実数)が参加し、思い思いのプラカードで抗議の意思表示。 発言者も、リスクを冒して思いのたけを小学館本社ビルに向けていた。 参加者の差別に対する怒りは凄い!

 

7時半に終えて、直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温25度、バスに乗り9時に帰宅。 BS・日テレで、巨人VS中日戦。 9回裏丸の三振で、ジ・エンド。 マグロの切り身落しと餃子を焼いて、白ワイン二杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯で、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 京急電車の事故。 プーチンと安倍の首脳会談。 安倍がプーチンに、ウラジミールと呼びかけた場面で、飲んでいた焼酎を吹き出す。 吉本の漫才より面白い。 吉本の芸人に笑いのコツを教えてもらったのかと思う。 外交交渉能力は0。

 

BS・プレミアムで「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:48
-, -, - -