RSS | ATOM | SEARCH
研修のレジュメ作り

9月11日(水)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温30度、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

研修会のレジュメ作成に時間を費やす。 研修セミナー先の、仕事内容に沿った事例を集める作業がなかなか大変。 フジTVの昼のワイドショー、「バイキング」(今年1月)での梅沢富美男さんの「乞食役者」発言を、不適切として謝罪した、司会の坂上忍と榎並大二郎アナ。 今のメディアの差別語、差別表現の認識レベルの低さを代表している事例。 梅沢富美男さんが怒るのも無理はない。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、鶏肉照り焼きと竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 朝日新聞一面で、内閣改造の記事。 70歳超えの聞いたこともない名前の3人の初大臣は、まごうことなき入閣待望組の順送り人事。 後は側近、お側用人のネトウヨ。 高市早苗の総務大臣復帰は意味不明。

 

午睡30分。一昨日 満員電車で1時間以上「筋トレ」させられたおかげで、両肩と二の腕が筋肉痛で痛い。 引き続き、レジュメ作成に取り組むが、上書き保存に失敗し、1時間半が徒労に終わり、ガックリして本日打ち止め。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車に乗るも、途中の駅で雷雨に見舞わわれる。 稲光と天地を切り裂く雷音が同時に襲い、乗客の表情が引きつっていた。 駅は雨が上がっており、パルコフードマーケットで買い物をして、気温25度、6時半に帰宅。 

 

BS・TBSで巨人vs.DeNA戦。 先行され追いつく寸前で突き放され、敗戦。  NHK、ニュース。 アメリカの極右・ボルトン補佐官が解任された。 トランプ政権の爛ーパースン“解任と、3か月前の爛ーマン”反省を踏まえて報道。 

 

テレ朝、報道ステーション。 安倍内閣の評価はおざなり。 BS・プレミアムで「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:50
-, -, - -