RSS | ATOM | SEARCH
東北新社最高顧問、植村伴次郎さん逝去

10月21日(月)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温20度の肌寒い曇天下、バスで駅。 区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

週明けの事務作業とメールなどの点検。 「スカーレット」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

断捨離を兼ねて事務所の片づけをしていると、東北新社の総務部の方と役員Tさんから電話があり、創業者で最高顧問の植村伴次郎さんが亡くなったとの連絡を受ける。 享年90歳、天寿を全うされた。 合掌  

 

30年近く前から懇意にさせていただき、薫陶を受けてきた。 故郷・秋田に対する愛郷心は終生変わらなかった。 後日爐別れの会“を行うとのファックスが送られてくる。 思い出が次々と浮かぶが、今は静かに冥福を祈りたい。

 

ゴミ袋を五つ作っていい汗をかき、本日打ち止め。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温18度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

生白魚ツーパックとイクラ+肉じゃがと自家製富士宮焼きそばで、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 植村伴次郎さんを偲び、秋田の銘酒・純米吟醸・福小町。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問場所は高知県いの町で、ゲストは鶴瓶主演の映画「閉鎖病棟」に出演している、小松菜奈。 番組宣伝なしでもなかなかいい。

 

NHK、ニュース9〜テレ朝、報道ステーション。 ラグビー日本代表の記者会見。 硬骨漢の笑顔がいい。 BSで、「スカーレット」夜の部〜アナザストーリーで「ネルソンマンデラ」(再)。 

 

アパルトヘイトで差別・分断されていた南アフリカ国民が一体感を取り戻すのに、1995年のラグビーワールドカップの開催が大きく貢献した。 社会を分断し破壊する人種差別(ヘイト)に対する批判をラグビーは体現している。 日本代表も同じ。

 

ストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 11:01
-, -, - -