RSS | ATOM | SEARCH
NHKの首都圏ネットワークニュース(2)

11月5日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温16度の晴天下、バスで駅。 区間急行で、10時に神保町。

 

三連休明けのメールチェックに時間を取られる。 「スカーレット」、昼の部。 どうも展開が唐突でリアリティーに欠ける。 鶏胸肉の唐揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

倉庫から客室乗務員本が段ボール3箱届いたので、書棚に収め、ついでに事務所内の片付けと本棚の整理。 結構いい汗をかき、部屋がスッキリした。 

 

小学館発行の、コミック『スピリッツ』最終面の4コマ漫画犁い泙阿譽灰鵐札廛“。 「成人病」→「生活習慣病」、「ビールス」→「ウィルス」は分かるが、「看護婦」→「看護士」は惜しい。 かって女性は「看護婦」、男性は「看護士」と呼ばれていたが、「看護師」と言う呼称に2002年に統一された。 ポリティカルコレクトネス。

 

右肩(上腕部)が異常に凝っている。 マウスを動かすからとも思うが(左肩は何ともない)、左手で自力マッサージするも如何ともし難い。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 買い物をせずバスに乗り、気温16度、6時過ぎに帰宅。 筋トレ、ワンセット+α、両手に5Kの鉄アレイトレーニングだけ2セット。 ラグビー・ワールドカップに触発されて筋力強化を目指す。 

 

NHKの首都圏ネットワークニュース。 一端上映中止になるも、一転上映することになった、川崎市の「しんゆり映画祭」での、従軍慰安婦問題を題材としたドキュメンタリー映画犲臉鐓“を大きく取り上げていた。 映画「ある精肉店のはなし」の・纐纈(はなふさ)あや監督、そして、朝日新聞の北野隆一記者の顔も見えた。 来月、罰則規定のあるヘイトスピーチ禁止条例制定を目指す川崎市だけに、ネトウヨの攻撃を跳ね除け頑張ってもらいたい。 それにしても、NHKの首都圏ネットワークニュースは素晴らしい。

 

天然ブリの照り焼きと豚肉と白菜の定番豆乳鍋で、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各二杯の、夕食。 白ワインは、560円のコルク栓のイタリア産で、超安価だが美味しい。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率70%。 プレミアム鑑定は、後醍醐天皇直筆を800万と値付けするも、リモコン操作を誤り、不的中。 

 

NHKで、「プロフェショナル」。 渡辺プロダクションの娘さんが立ち上げた少数精鋭の、木村佳乃所属の芸能プロに密着取材。 勢いがある理由が分かる。 

 

BS・プレミアムで「スカーレット」夜の部。 ストレッチを入念にして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:38
-, -, - -