RSS | ATOM | SEARCH
「鈴木宗男を叱咤激励する会」

11月19日(火)

 

朝、8時半起床。 冬布団が暑くて目が覚め、睡眠不足気味。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温16度の晴天下、昨日買った布製のハットをかぶり、バスで駅。 区間急行で、10時に神保町。

 

メールの点検をして、11時に神保町の歯医者。 歯垢を取るなど、歯のクリーニング。 先月初めに、ケンピを食べていて欠けた上の歯を見てもらう。 詰めたほうが良いとのことで、他の欠けた歯ともども治療することになり、来週からしばしの週一歯医者通いとなる。 若いころはビールの栓を歯で開けていたのにと回顧。 若くて美しい歯科医と衛生士に治療してもらい、満足。

 

「スカーレット」、昼の部を見て、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 資料整理に時間をかける。 5時半までマスクをかけて精力的に行い、本日打ち止め。 

 

6時に、ホテル・ニューオータニで一番大きな宴会場・“鶴の間”で催される、猯詭攴|砲鮗袴7穃紊垢覯“に行く。 2000人を超える、超満員。目当ては、松山千春の歌と軽妙な語りだったが、ツァー中でメッセージのみ。 噂の久兵衛のすしと唐揚げを物色するも、あり付けず。 佐藤優さんの地政学の話に耳を傾ける。

 

知人の週刊誌副編集長Iさんと、いつもの四谷駅近くの秋田料理店。 Iさんのパートナーも合流しキリタンポで、美味な日本酒。 勢いついて、新宿・花園神社の狷咾了”。 夜遅いにもかかわらず、ものすごい人出。 「家内安全 商売繁盛」の熊手のミニチュアを買って、ゴールデン街の爛襯泪織”。 

 

今旬のジャーナリスト、青木理さんと遭遇し、久々に楽しい会話。 住まいが近くだという、初対面の『週刊金曜日』の読者とタクシーで帰宅。 駅前の自転車置き場で別れ、以後記憶なし。 多分2時半には寝たと思う。

author:小林 健治, category:政治, 11:22
-, -, - -