RSS | ATOM | SEARCH
尾崎ゼミ

11月26日(火)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 曇天下、500m歩いて、かっての停留所からバスで駅。 区間急行で、11時前に神保町。 

 

歯医者に行って、欠けた歯2ヵ所を埋めてもらう。 手際よく30分で終了。 「スカーレット」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

午睡30分、娘の応援を得て、新刊取り次ぎ配本の準備。 今日の尾崎ゼミの予習。 前回『歴史哲学講義』の上巻を読み終え、今回から下巻で、第二部・ギリシャ世界。 

 

古代ギリシャは多種多様な民族の混合によって、その精神性を高めたと、ヘーゲルは言う。 そして「血縁と友愛を維持する種族が単純に発展していけば、そこに美しく真に自由な生活がうみだされる、と考えるとしたら、それは皮相でばかげた考えです」と、排外主義を一刀両断。

 

なんと6時半に、丸善・ジュンク堂から、明日取次見本出し予定の、新刊『ネット右翼VS・反差別カウンター』の一括配本のデーターが送られてくる。 大慌てですでに事務所を後にしていた、娘に電話し指示された通りにパソコンで転送作業。 なかなか送信がうまくいかず焦る。

 

少し遅れて、7時過ぎにゼミ開始。 9時に終えて、持ち寄ったビールと焼酎と赤ワインとつまみで、アフターゼミ。 盛り上がっていた10時過ぎに、5Fに住む大家さんから、タバコを吸わないでほしいとの苦情。 今まで10年間一度もなかったクレームに、正直驚く。 

 

11時半にお開きにして、直行電車で駅。 気温9度、タクシーワンメーターで、12時半に帰宅。  トイレのタイミングを計り、2時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:23
-, -, - -