RSS | ATOM | SEARCH
山浦嘉久さんを偲ぶ会

11月28日(木)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温7度の曇天下、バスで駅。 

 

定時より3分遅れてバス停に着くが誰もおらず、バスが行ってしまったのかと気を揉んでいたら、時々一緒になる細身長身の大学院生と思しき若者がスマホをかざして、後2分で来ますよと教えてくれた。 スマホでバスの運行状況まで分かるのかと、感心する。

 

寒さを、股引を穿きセーターを着て凌ぎ、区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

午前中は、新聞広告の新刊注文が、3件と寂しい。 「スカーレット」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

夕方までに昨日と同じく、8件の書店注文とお年寄りからの直接注文があった。 送られてきた、『週刊文春』を読んで、神保町〜九段下〜早稲田駅で降り、6時から、早稲田の大隈会館で開かれた、『月刊日本』の論説委員、故・『山浦嘉久さんを偲ぶ会』に参加。 

 

知己を得て10年と少しだが、反共・親米の街宣右翼とは違い、日本民族派の矜持を体現した思想家だった。 米国からの従属体制の打破と安倍政権打倒を、霊前に誓う集い。 佐藤優さん、菅野完さん、そして尾崎ゼミの面々と話をして、7時半前に偲ぶ会を後にする。

 

九段下駅に戻り、『週刊新潮』を読みながら直行電車で駅。 パルコフードマーケットで、5割引きと100円になった刺身とつまみを買って、気温7度、バスに乗り、8時半に帰宅。

 

刺身とイカと里芋の煮物などで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯で、夕食。 NHK、ニュースウォッチ9。 本家山口組VS神戸山口組の抗争。 溝口敦さんがコメント。 溝口さんがNHKュースに出るのは珍しい。 誰もコメントできないのだろう。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 「桜を見る会」での安倍政権批判はまずまず。 BSで「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝と思うも、NHK「ファミリーヒストリー・爆笑問題の太田光」(再)を見て、2時に就寝。

author:小林 健治, category:お酒, 08:58
-, -, - -