RSS | ATOM | SEARCH
ホテル・オークラで文藝春秋社の忘年会

12月6日(金)

 

朝、8時半起床。 8時間熟睡で、体調良し。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温7度の曇天下、バスで駅。 区間急行で、10時に神保町。 

 

山のようにたまっている、新聞の切り抜きやプリントアウトした資料を断捨離する作業。 これが結構時間がかかり、疲れる。 「スカーレット」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

新聞二紙を読む。 サンケイスポーツの犂展辛口“で、宮本圭一郎さんが「…日本で唯一といっていい大阪にあるメジャースポーツのメッカ。」と記しているが、アウト。 「メッカ」という言葉は、「風俗店のメッカ・小岩」(日刊ゲンダイ)などは論外だが、例えの内容の良し悪しに関わらず、イスラム教徒からは非難を受ける。

 

NHK、昼のニュース。 「女優」沢口エリカと報道。 本当に一貫性がない。 ひと休みして送られてきた、『ビックコミックオリジナル』を読んでいたら、ヒューマン漫画「前科者」の吹き出しに「去勢を張っているが」とある。去勢→虚勢だろう。 今日会うだろう、コミック畑の、小学館の役員に報告するつもり。

 

午後も引き続き、資料の断捨離。 45ℓゴミ袋4個作って本日打ち止め。 6時に、今週二度目のホテルオークラで開かれる、菊池寛賞の受賞パーティーを兼ねた忘年会に行く。 流行語大賞にもなった「One Team」・ラグビー日本代表選手を目当てに行くも空振り。

 

喜田村洋一弁護士をはじめ、業界の重鎮と久闊を叙す。 二次会を、創価学会批判の急先鋒の、Oさんと神楽坂。 3軒ハシゴして、ひとり新宿ゴールデン街。 

 

 欧米系の(アジア系はよくわからない)外国人だらけの、新宿ゴールデン街。 40年来のなじみの店・爛襦Ε泪織“に行くと、毎日新聞の気合の入ったタクマさんと、しばし懇談。 カウンターにいたアーティスト系の女性との会話を楽しみ、とにかく最終電車に乗り駅。 

 

タクシーで、1時半に帰宅。  以後あまり記憶がないが、取り敢えず、2時半頃には寝たと思う。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:28
-, -, - -