RSS | ATOM | SEARCH
相模原障害者殺傷事件第1回公判

1月8日(水)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 寒さに震えながらシャワーを浴びて、気温3度の氷雨降る中、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

イランの報復ミサイル攻撃、相模原の障害者殺傷事件の裁判ニュース、そして逃亡したゴーンが行う予定の記者会見について、ネット上もテレビニースも喧しいが、相模原の事件については冷静にじっくり報道して欲しい。 新聞の番組欄では、NHKがすべてのニュース番組で取り上げる予定。 

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、ゆで卵入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 昨日のNHK天気予報はハズレで、一向に温くならない。 18度、ひょっとすると20度もあるとの予報はどうなったのかと思う。

 

NHKの昼のニュースは、相模原の裁判の模様を詳細に報道。 被告人・植松聖が小指を噛み切ろうとして暴れたため午前中の公判は休廷になったという。 わざとらしい心神喪失状態を演じるパフォーマンス。 

 

毎日新聞に被害者家族が、甲A、乙Bではなく本名の猗帆“と呼んでほしいとの思いから名前を公表した記事。 ちゃんと美帆という名前があるのに、「甲さん」「乙さん」と呼ばれるのは嫌だったからと、遺族は述べている。 「どこにだしても恥ずかしくない自慢の娘でした。家の中では甲でも乙でもなく美帆です」「障害者が安心して暮らせる社会こそが健常者も幸せな社会だと思います」。

 

昨日に引き続き、研修会のレジュメ作り。 相模原障害者殺傷事件の項は、今回で4回目となるが、2016年7月26日以降のあらゆる研修会で語ってきている。 横浜拘置所で植松被告と面会した全盲ろうの東大の福島智教授は、重度障害者の殺戮を平然と述べる被告に、「『魂の嘔吐』ともいうべき強烈な不快感に襲われた」(朝日新聞)と語っている。

 

読書感想文を一つ書いて、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温6度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

NHKの首都圏ニュースが10数分間、相模原障害者殺傷事件裁判の詳報。 なかなかの報道で、明後日の第2回目の公判も注目したい。 軽く筋トレをして、水を買いにコンビニに行く。 今年2回目で、ここ2年間なかったこと。 湧き水汲みは今週土曜日から再開。

 

刺身4点盛りとイカの刺身+自家製チヂミで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 NHK、ニュースウォッチ9。 イランのミサイル攻撃と逃亡したゴーンのニュースで35分近く費やした後にやっと相模原障害者殺傷事件の裁判。 すでに報道された内容で新味はない。

 

テレ朝、報道ステーション。 日産ゴーンの、レバノン・ベイルートからの記者会見をLIVE放送。 しかし、コメンテーターに元東京地検特捜部の検事・皸罎鮟弍蕕気察検察擁護の無茶苦茶酷い内容。 報ステも終わった。 相模原の裁判報道は少しだけ。 

 

TBS、ニュース23。 ゴーンの記者会見。 首相官邸の首謀者、経産省の今井補佐官の名前はレバノン政府の意向を受けて明言せず。 BSで、「スカーレット」夜の部。 

 

入念にストレッチをして、12時半に就寝。 明日は朝日新聞に、新刊二点の広告が載るので早起きして、9時半には事務所入りする予定。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:18
-, -, - -