RSS | ATOM | SEARCH
青木理著『暗黒のスキャンダル国家』(河出書房新社)

1月11日(土)

 

朝、9時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 陽が照ってきたので、久しぶりに産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜と特製竹輪、有機パンなど、側の精肉店で、鶏胸肉と豚ロース+和牛の切り落としなどを買い、野川縁を散歩。 丸々と太った、美味しそうなマガモが4匹のみで、相変わらず大型鯉軍団の姿は見えず。

 

豚まんを蒸し、酵母パンを焼いてマーマレードを塗り、淹れたてコーヒーで昼食。 「スカーレット」昼の部。 晴れたので、遅まきながら布団干し。

 

青木理著『暗黒のスキャンダル国家』(河出書房新社)を読み終える。 「民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源」である公文書を、偽造、捏造、改竄、隠蔽、そして破棄・廃棄する(忖度官僚)安倍政権下の悪行を、ジャーナリズムの視点から徹底的に暴き批判した書。 

 

現実に進行している権力(安倍政権)の腐敗を、時々の政治事件(権力犯罪)を追及する中で告発し、国の根幹が根腐れを起こしていることに警鐘を鳴らしている。 批判の眼は、森友・加計学園疑惑、日本の異常な人権無視の司法制度(ゴーンの逃亡で国際的に注目されている)、ヘイトスピーチが蔓延する社会状況に、正面から対峙しないメディアにも向けられている。 

 

日曜日のTBS、サンデーモーニングでの歯切れの良い言質が活字化されていて小気味よく、読んでいて気分がスカッとする。 夕方、会員の酒屋に行き焼酎二本仕入れる。 

 

一昨日不当逮捕されたカウンターの知人のことが気になるが、連休明けまでは留置所(代用監獄)に留め置かれるのだろう。 それにしても、仙台の実家で車庫証明を取っていたトラックを都内で運転していたことは事実だが、逮捕する必要性はどう考えてもあり得ない。 それを嬉々として、罪状とは無関係な、反ヘイトの活動家とのクレジットを付けて、ニュース映像で放送したTBSについても腹が立つ。 このまま見過ごすわけにはゆかない。

 

市場で買ったおでんのつまみと春菊のお浸しで冷酒一杯。 ピザを焼いて、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 TBSで、タケシのニュースキャスター。 台湾の総統選。 あまり興味はないが、犖興嗣“枠の表示に誤解がないよう願う。 台湾では、「先住民」が否定的で差別的な言葉。 「原住民」は「先住民族」の意味で、漢字表記国ならではの表現。

 

BSで、「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:12
-, -, - -