RSS | ATOM | SEARCH
朝夕、湧水汲み

2月8日(土)

 

朝、8時半起床。 晴天に布団干し。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 10日以上続く青空に気分良く、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 

 

市場で新鮮野菜と、久振りに入荷していた犹摩揚と竹輪”の袋詰めを二袋。 側の精肉店で、和牛の切り身落しと豚ロース+鶏胸肉を買い、野川縁を散策。 白銀の錦鯉一匹と美味しそうなマガモのみ。

 

市場のカレーパンを蒸して、淹れたてコーヒーで昼食。 デザートにヨーグルト。 「スカーレット」、昼の部。 日曜日は川崎のヘイトカウンターに行くので、土曜競馬。 ワイド馬券で挑むも、イマイチ歯車がかみ合わず、マイナス収支で終了。

 

明日、水汲みできないので、夕方、再び産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 野川には十数羽のマガモが遊泳。 

 

カクテキとイカと里芋の煮もので、冷酒一杯。 炊き込みご飯をつまみにシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

『週刊新潮』と『週刊現代』を読んで、NHK、Eテレで見逃していた爛丱螢丱“の部落問題特集の再放送を見る。 30年前に、テレ朝、田原総一郎さんの狡まで生テレビ”の部落問題討論とは隔絶の感がある。 当時、キャスターの田丸美寿々さんの手が緊張で震えていたことを鮮明に覚えている。 しかし、爛丱螢丱“はよく部落問題を取り上げたと思う。 ひと言いえば、『ノンフィクションにだまされるな!』の著者・角岡伸彦さんにもう少ししゃべらせたら面白いと思う。

 

ソフトボールを使ったストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 09:36
-, -, - -