RSS | ATOM | SEARCH
新型コロナウィルス騒動

2月28日(金)

 

朝、8時起床。 爐┐瓦淕“入り有機人参ジュースと豆乳一袋。 「スカーレット」、朝の部。 気温6度、青空が広がる晴天下、久しぶりにバスで駅。 区間快速で10時に神保町。

 

安倍首相の、熟慮なき思い付きの学校臨時休校要請で、学校現場はもとより子を持つ親たちの混乱状況がネット上に溢れている。 ヤッテル感を出す目的だけのパフォーマンスだが、今回は命取りになるだろう。 

 

感染者数を増やさないために検査を受けささず、とにかく犧を見る会“、狹豕高検検事長人事”、問題から目を逸らし、そして、何が何でものオリンピック開催を目論む異常な状況は、国民の生命・財産をないがしろにするところまできた。 

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、竹輪と薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

今日の夜行う、マスコミに就職が決まった学生を対象としたゼミの一コマ、爛瓮妊アと差別問題“の研修レジュメの再読。

 

大相撲が通常開催を断念。 後は3月19日から始まる、春の全国高校野球甲子園大会がどうなるかだ。

 

夕方7時から、近所の週刊誌出版社の会議室で、研修会。 総勢20人ぐらいでの、研修・ゼミ会的雰囲気で、8時半に話を終えて、9時過ぎまで、質疑応答。 マスコミへの就職が決まっている、若い人達からの質問は、不安と期待が入り混じった真摯なもの。 近くの居酒屋で懇親会。 二次会を帰る方向が一緒の、主宰者のIさんと調布駅そばの居酒屋で2時半まで、濃い内容の意見交換。 

 

タクシーワンメーターで、3時に帰宅。 家に着くまで、タクシーの運転手さんが安倍首相に対する怒りを爆発させる。 学校閉鎖などの影響で、金曜日の夜だというのに、全くお客がいないという。

 

水を飲み、トイレのタイミングを見計らって、3時半に就寝。 

author:小林 健治, category:社会, 09:47
-, -, - -