RSS | ATOM | SEARCH
中上健次 『枯木灘』(河出文庫)

3月7日(土)

 

朝、9時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り有機人参ジュース二杯。 曇天の肌寒い中、産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 

 

市場で新鮮野菜と安価で秀逸の薩摩揚と竹輪の袋詰めなど、側の精肉店で鶏胸肉と豚ロース、和牛の切り落としを購入。 野川は、マガモと大型鯉軍団、川岸に鳩の群れ。

 

市場で買った酵母パンを焼いて、マーマレードを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 「スカーレット」、昼の部を見て、読書。 

 

中上健次 『枯木灘』(河出文庫)を読み終える。 40年程前に読んで以来の再読。 柄谷行人の本を読んでいて読みたくなったもの。 しかし、肉親関係が複雑でややこしく、最後にある家系図を何度も見ないと、人間関係とストーリーがつかめない。 

 

腹違いの兄弟・姉妹と伯父・叔母と新宮の風景が混ざり合って、狃幸“26歳で殺人を犯したところで、物語は終わっている。 「白痴」「ビッコ」「気ちがい」など、当時普通に話されていた差別語も思いっきり使われている。 

 

風景と土方労働と自然の描写が頭の中で再構成され、匂いまでしてくる。 路地に生まれ、路地に育ち、路地と共に生きてきた主人公狃幸”の個性は強烈。 今年いっぱい書棚にある中上健次の小説をすべて読むつもり。

 

夕方、会員の酒屋で焼酎二本。 TBSで、報道特集。 和牛とじゃぎもの煮物をオカズに、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

BS・TBSで、プロゴルファー・渋野日向子特集。 新型コロナの為、女子プロゴルフは4連続の試合中止。 故郷・岡山をこよなく愛するシブコの素顔が活写されていた。

 

「スカーレット」、夜の部。明日の中央競馬、WIN5の検討をして、ストレッチ。 1時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:15
-, -, - -