RSS | ATOM | SEARCH
緊急事態宣言発令

4月7日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入りトマトジュース一杯。 シャワーを浴びて、気温13度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間快速で、10時半前に神保町。

 

事務所に着くなり、近所の大手出版社から、『最新 差別語 不快後語』の、まとまった注文を頂く。 多分新入社員研修に使うのだと思うが、ありがたい。 

 

今日の夕方発令される、緊急事態宣言について、新聞もテレビも喧しい。 懸念されているのはネットカフェ閉鎖に伴い、4000人(東京都調べ)ともいわれるネットカフェ難民(住民)が締め出され、行き場を失うこと。 これに対する対策は一切取られていない。 営業停止になるお店の補償も、従業員への手当ても何も示されていない。 

 

「感染拡大を国の責任にしないでください」とツイッターに投降した、自民党の国交省政務官・佐々木紀政に、サンスポの今村忠氏が、犂展辛口”で怒!  緊急事態宣言の国会報告の中継で、「エール」が休止となり、怒! 事務所の転居通知を受け取った知人から連絡が複数入り、心配していただいたことに感謝する。 

 

5時に事務所を退出し、直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温15度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレワンセット。 刺身3点盛りとヤリイカ刺+豚ロースの照り焼きに千切りキャベツを添えて、白ワイン一杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

7時から、安倍総理の緊急事態宣言の説明記者会見。 民放各社も全て生中継。 相変わらず官僚の書いた、プロンプターに映し出された文字を、脱落した感情で読むだけ。 30分近く我慢して聞いて、記者からの質問に期待するも、江川昭子さんが少し突っ込んだ質問をしたぐらいで、締まらない出来レースの記者会見。 

 

安倍総理の言葉の中に、「目に見えない敵との戦い」との表現。 今日の午後、知人のジャーナリストから電話があり、新型コロナウイルスに対し、「目に見えない敵と戦う恐怖」と言う表現が視覚障害者に対する配慮を欠いているのではないかとの相談を受けた。 なるほどその通りで、健常者(晴眼者)的発想の表現で、「恋は盲目」と同じく、視覚障害者には無縁の表現。 

 

それにしても、全てのテレビ局が安倍総理の記者会見をLIVEで流すのも、不気味な現象。 NHKを除いて、8時には、民放各社は小池都知事の緊急記者会見に切り替えていた。 記者会見が終わり、NHKの岩田明子記者が出てきて安倍首相ヨイショの発言を聞いて、変わらぬ忠誠心に言葉がない。

 

テレ東で、久しぶりに「開運!なんでも鑑定団」。 時節がらか、プレミアム鑑定はなしで、拍子抜け。 しかし、NHKをはじめ、各局が緊急特番を組む中、通常番組で頑張るテレ東は、なかなかのもの。

 

BSプレミアムで、本日初見の「エール」。 柴咲コウのソプラノがいい。 入念にストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:39
-, -, - -