RSS | ATOM | SEARCH
テレワーク初日

4月22日(水)

 

朝、8時半起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り有機人参ジュース一杯。 今日はテレワークで、神保町からの荷物が届くのを待ち受ける任務。 

 

隣接している児童公園から、小学生の子どもたちのサッカーに興じる声が賑やか。 学校が休校になり、公園で子どもたちが遊んでいるが、サッカーばかりで、野球で遊んでいる子たちは1割に満たない。 

 

晴天下、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 野川の河川敷の芝生に、なぜか幼子の手を引き遊ぶ、若いパパの姿が目立つ。 自宅待機になっているのだろうと思うが、なかなか微笑ましい。 それにしても、祝日でもない平日の野川縁の景色は、どこが、と言葉にはできないが土日の風景とは違う感覚がある。 来週からはこの風景が日常となる。

 

戻ってすぐ、会員の酒屋に寄って焼酎二本仕入れる。 団地前のローソンで、dポイントで支払い、昼食の段取り。 限定サンドウィッチとカツサンドを、ラージコーヒーで、〆て896ポイントの昼食。 

 

2時前に、引っ越し専門の、しっかりしている二人の若い人が来て、段ボール20箱、スティール棚などを手際よく部屋に運び入れてくれる。 30分余りで終了。 代表の若い人が、出版している本を見せてほしいと、しばし書棚を閲覧。 佐藤優さんや苫米地英人さんの本は読んでいるという、なかなか面白い若者。  料金を支払いしお礼を言って、来週の事務所の廃棄物処理の打ち合わせ。

 

腕をまくり、段ボールを開封して所定の棚に収める作業に、鋭意取り組む。 5時に終えて、腰が痛い。 部屋の広さは全く変わらずに、それぞれの場所に荷物は吸収された。  後はコピー機などの複合機を待つのみ。 

 

白ワインで渇いた喉を潤していると、宅急便が届く。 神保町の大手出版社の社長Hさんからで、たぶん引っ越し祝いを兼ねての贈りものだと思うが、開封して唸らされた。 中身は、今や値千金の「マスク」50枚だった。 昨日孫娘と神保町のスポーツ用品店に行った時、マスクを一枚1000円近くで販売していたが、さすがに手が出なかった。 たまたま昨年、花粉症用に買い置きしてあつたマスク20枚も、すでに二度洗濯し、繊維がふやけ何ともならない状況だったので、本当に感謝!

 

買ってきてもらった、プリプリのホタルイカで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 きつね寿司で夕食。 NHKの爛ッテン“を見る。なんか大変そうで、コメントなし。

 

BS・プレミアムで、「エール」夜の部。 ストレッチをしっかりして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 08:34
-, -, - -