RSS | ATOM | SEARCH
池江璃花子選手

5月19日(火)

 

朝、7時半起床。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 「エール」、朝の部。 窓外は昨夜からの雨が降り続いている。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞は、検察庁の定年延長を含む公務員定年延長法案の今国会成立断念がトップ記事。 そして解説で、法案は先送りされ継続審議になっただけで、秋の臨時国会での強行採決を狙っていることに変わりはないことを、強調している。

 

スポーツ紙は、白血病と闘う水泳の池江璃花子選手の近況と、抗がん剤の影響で失った髪の毛が少し生えてきた顔写真を全面に掲載。 池江選手は、「髪の毛がないことは、恥ずかしいことじゃない」と、きっぱり述べていて、本当に素晴らしい。 

 

「ハゲ」を隠し、アデランスやアートネイチャーを付けている、恥知らずの日本男児のなんと多いことか。 池江選手の言葉を胸に刻むべし。 その池江選手に、稀代の詐欺師・なべおさみが、まだまとわりついているという。 

 

その詐欺師が、部落解放同盟中央本部のお墨付きを得て、人権を騙り、大嘘の差別講演していたが、すでに告発し退治した。 今は池江選手に怪しげな「治療」を施しているという。 なべおさみの異常性については、故・山城新伍さんから散々聞かされていた。

 

霧雨の中、産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×1本。 市場で新鮮野菜と食パンなど、側の精肉店でハムと豚肉各種購入して、霧雨を浴びながら、だれもいない野川縁。

 

レタスとトマトに生ハムと卵焼きを挟んだ、サンドウィッチと淹れたてコーヒーで昼食。 市場のハンバーガーに負けない美味しさに満足。 

 

午睡1時間。 注文と返品ファックスが1件づつで、侘しい限りだが、アマゾンからの注文は結構あり、ホッとする。  4時半に、ジョギング1時間・4Km。 柔軟体操を念入りに行って、風呂に入り汗を流し、極楽。 

 

シークヮーサー入り氷炭酸水割大盛りで渇きをいやす。 市場の精肉店で買った豚足を蒸してつまみにするが、なかなかいける。 豚肉の生姜焼きに千切りキャベツを添えて、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食を締める。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 過去の面白映像の特番。 本当に各局とも、再放送と特番スペシャルばかりで、コロナ禍を恨む。 テレ朝、報道ステーション。 

 

BS・NHKで、「エール」夜の部〜「歌う旅」選。 イルカの水族館での即興の歌。 歌っている、男女のフォークデュオ“HONEBONE”は、前から注目していたが必ずブレークすると思う。

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:54
-, -, - -