RSS | ATOM | SEARCH
韓国映画、「タクシー運転手 約束は海を越えて」

6月1日(月)

 

朝、8時半起床。 7時間熟睡。 今日から水無月・六月。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 

 

新聞三紙を読み、霧雨の中、産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 野川は人影なく、静か。 4ℓボトル2本は久しぶりで重い、さすがに汗をかく。

 

ツイッターとFBに、30日に行われた、クルド人に青年に対する渋谷警察の暴行事件に抗議するデモの映像があふれている。 今アメリカで暴動にまでなっている、ミネソタの黒人男性に対する白人警官による暴行死事件の抗議行動とダブって見える。 いずれも根底に人種・民族差別がある。 アメリカでは警察官も抗議デモに連帯を表明している。 日本とはえらい違い。 トランプの大統領再選阻止の大きなうねりが起こっており、日本にも影響がある。

 

「エール」、昼の部を見ながら、特大野菜サンドを淹れたてコーヒーで、昼食。 1時から、BSプレミアムで、今朝早く、広島の知人からのメールで知った、1980年の光州事件を題材にした韓国映画、「タクシー運転手 約束は梅を越えて」を見る。 主演は「パラサイト」でもお馴染みの、ソン・ガンホで、本当に演技力がある。 

 

1980当時、リアルタイムで事件の報道を見ていたが、軍事クーデターで全権を握った全斗煥軍事独裁政権下の民衆虐殺事件。 全羅南道(北道も)は金大中の支持基盤で、大統領選での得票率は90%を超える、圧倒的な金大中支持の光州で起こった民衆抑圧、政治的虐殺事件を庶民目線で映像化したもの。

 

雨上がりの夕方、ジョギング4Km。 大汗をかいてストレッチ。 風呂に入り足のマッサージをして、汗を流し極楽。 お約束のシークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、乾いた身体に水分とエネルギー補給。 酢豚もどきの酢鶏で焼酎のお湯割り二杯。 自家製冷やし中華で、夕食を締める。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問地は青森県鯵ケ沢で、ゲストは高橋真麻。 一年前の再放送だが、多分見逃していたのだろう新鮮で面白い。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべき内容なし。 

 

10時半に、NHKEテレで、「100分de名著・カント 純粋理性批判」。 名言「内容なき思考は空虚であり、概念なき直観は『盲目』である」。 つまり「内容なき抗議は空虚であり、思想なき糾弾は邪道である」(『部落解放同盟「糾弾」史』ちくま新書)。

 

TBSで、ニュース23。 夜のニュース報道で、見るに値する唯一の番組。 ストレッチをして、1時に就寝。  

author:小林 健治, category:映画, 09:36
-, -, - -