RSS | ATOM | SEARCH
ジョギングの目的

6月4日(木)

 

朝、9時起床。 6時にトイレに起きた後、暑くて寝られず。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 晴天に布団干し。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ紙は二紙とも、巨人の坂本と大城選手の新型コロナ感染が一面全てだが、微妙に表現が違う。 サンスポは巨人批判が強いが、スポーツ報知は“微陽性”で開幕に影響ないとの記事。(その後の検査で、坂本、大城選手とも陰性が確認された)

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場で、食パンが売り切れていたので、炊き込みご飯パックを買う。 野川縁はのんびりした風景。 岩海苔の吸い物を付けて、炊き込みごはんで、昼食。 「エール」、昼の部。 

 

午睡をしていると、段ボール3箱運んできた、佐川急便に起こされる。 開封して棚に収める作業に汗が噴き出る。 汗をかいたついでに、筋トレワンセット。  書店からは、相変わらず注文より返品ファックスの方が多いが、気になるのはアマゾンからの注文が激減していること。 

 

新型コロナ禍の論考と『フーコー・コレクション4』を読んで、5時からジョギング。 足が重く、息もきつく、4Kmの予定を3Kmに変更。 柔軟体操は入念に行い、風呂に入り足を揉み、極楽。 

 

ジョギングの目的は、身体を鍛え健康増進は建前で、シークヮーサー入り氷炭酸焼酎(鹿児島の芋焼酎“桜井”)を美味しく飲むためだが、手段と目的はそれなりに一致している。 インターハイを知っている身としては、“ジョギング”と“ランニング”表記の微妙な違いにこだわっている。

 

ほうれん草のお浸しと焼きナス+根菜のケチャップ煮で、チリの白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 自家製の豪華な卵焼きを添えた冷やし中華で、夕食を締める。

 

7時前、窓の外に、満月間近の月が、うすい茜色に染まった雲の上に輝いている。 そういえば引っ越して1年半、窓の外に見える月はいつも満月前後だった。 団地を造った技術者の配慮かと思う。 明日が楽しみ。 

 

NHKニュース7は、アメリカの黒人差別に抗議する映像は詳しく流すが、国内のクルド人に対する渋谷警察の暴行逮捕には触れないし、持続化給付金の幽霊(トンネル)会社問題にも一切触れない。 電通の力恐るべし。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 アメリカの黒人差別抗議行動と、中国の天安門事件を同等に報道。 全く内容が違い歴史的意味も違う政治的事件をごちゃ混ぜにした報道に、別に中国の習近平体制を支持しているわけではないが、政治的意図を感じる。

 

テレ朝、報道ステーション。 冒頭から、都知事の小池百合子が新型コロナ感染者は新宿ホストクラブ関係と名指し批判。 ローランド、今こそ怒れ! 富永のコロナ感染を20分以上流す必要はない。

 

BSプレミアムで、「エール」夜の部。 TBS、ニュース23。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:26
-, -, - -